ドッグフード『ブッチ』について!給餌量や評判、原材料まとめ

ドッグフードブッチ

今回はニュージーランド産のブッチというドッグフードを評価してみようと思います。ニュージーランドといえば大自然が美しいというイメージがあるのですが、ドッグフードについてはどうなのでしょうか。早速評価してみましょう。

ドッグフードブッチの特徴

ドッグフードブッチは株式会社ブッチジャパンが販売する、原産国はニュージーランドのドッグフードです。ブッチはどのような特徴があるのでしょうか。

ラインナップ
ビーフ、ラム、チキンが主原料のブラックレーベル、チキンが主原料のホワイトレーベル、チキンとフィッシュが主原料のブルーレーベルの3種類があります。

ミートフード
ドッグフードの水分含有量は10%程度がドライフード、80%程度がウェットフード、30%程度がセミモイストフードといわれていますが、ブッチは生肉とほぼ同等の水分含有量が70%のミートフードです。
人間の食べ物でいうとハムやウィンナーといったところでしょうか。ドッグフードとしては新しい食感です。

冷蔵保存
ブッチは水分含有量が70%と高いので傷みやすく、本来なら保存料や添加物で日持ちするように作られますが、ブッチは無添加で作られています。そのため保存方法はドッグフードには珍しい冷蔵保存となっています。
開封後は冷蔵なら10日ですが、冷凍なら6ヶ月の保存が可能なので、お得用サイズを小分けにして冷凍しておくと便利ですね。

嗜好性が高く食いつきがいい
ドライフードは製造過程で高熱処理を行っているので栄養や風味が損なわれますが、ブッチは低温でじっくり仕上げるので栄養や素材の風味が生かされ、抜群の食いつきを実現しました。

コストパフォーマンス

800g 1,404円(体重5kgの犬 約3日分)
2kg 2,808円(体重10kgの犬 約4.5日分)

価格はそれほど高くないですが、給与量がドライフードとは違い少し多めになっているので注意してください。

ブラックレーベルの1日あたりの給与量

体重 給与量 カロリー
2kg 135g 162kcal
5kg 265g 315kcal
10kg 450g 540kcal
20kg 750g 900kcal
30kg 1,245g 1,500kcal

ドッグフードブッチの原材料と成分

気になる原材料を見てみましょう。今回は「ブッチドッグフード ブラックレーベル」を参考にしました。

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%
ブッチ・ジャパンより引用

特に気になる材料はありませんでした。穀類にトウモロコシが入っていますが、グルテンを除去しているのでアレルギーの心配もありません。
ただひとつ凝固剤という文字が気になりますが、こちらも自然な成分なので安心できます。


ドッグフードブッチ

ドッグフードブッチの口コミ・評判

それではブッチに対する実際の口コミを一部紹介します。購入するときなどの参考にしてください。

★★★★★5
匂いがよくて、チンしたとき「うっ」となりません。大きいので、半分小口に切って冷凍で保存しています。以前購入していたドッグフードも良かったけど、製品供給が不安定なのでこっちに変更しました。ワンは好き嫌いなく何でも食べる子なので、これを喜んでいるかどうかは不明…。
★★★★★5
普段は手作り食を与えていますが、仕事があり時間のない時はこのButchはとてもありがたいのでずっと使っています。
ハムっぽくてジューシーで食いつき抜群なのですが、粗蛋白は10%程度と低めなので、サイコロ型に切って盛り付けたButchの上にミックスベジや生鹿肉のトッピングを足す事が出来て大変良いと思います。
★★★★★5
普段は完全手作り食ですが忙しい時にとても便利なロールフードでずっと愛用しています。
見た目とは違い、粗蛋白が10%程度なので、茹でたレバーや野菜類、生鹿肉、サーモンフレークなどもトッピング出来るのが良いですね。
冷凍保存できるので、小分けラッピングしていざという時用にとっておけるのもメリット大ですね。
★★★☆☆3
うちの子たち2匹、トイプードルですが、ブラックレーベルをよく食べてくれます。
ただ、こちらで購入した際、切ったときに水分が沢山出てきました。特にお腹を壊すことはなかったのですが、ちょっと品質管理が心配になりました。

ドッグフードブッチまとめ

ドッグフードブッチの評価いかがでしたか?興味がある方は、3種類3本セットの「犬用・特別トライアルセット」が、お試し価格の3,000円で購入できます。あなたの愛犬でその食いつきを確かめてみてもいいのではないでしょうか。


ドッグフードブッチ