ドッグフードを噛まずに丸飲みや早食いしても大丈夫なの?

ドッグフードを噛まずに丸飲みや

犬の食べっぷりは、人間よりも豪快です。もともと、狼の血を引く犬は、ドッグフードを丸呑みしても大丈夫な消化のメカニズムを持っています。しかし、あまりに急いで食べてしまう場合には、トラブルの可能性も。そんな場合は、ここで紹介する対処法を実践してみましょう。

噛まずに丸飲みしても大丈夫?

「うちの犬、餌をよく噛まずにバクバクと飲み込んでいるけれど、大丈夫かしら?」と、ワンちゃんの見事な食べっぷりが心配になってしまう方も多くいます。しかし、もともと犬と人間とでは身体のメカニズムが違うので、案外平気なのです。

丸呑みしてもピンピンしている犬のメカニズム

犬は、雑食とはいえ、本来は肉食の動物なので、獲物を食いちぎる鋭い牙は持っていますが、人間や草食動物のように、ものを噛み砕いたりすり潰すための歯は持っていません。
つまり、最初から餌を噛み砕いたりすり潰したりする習性がないということ。その分、丸飲みしたものは、胃腸でしっかり消化吸収されるメカニズムになっているので、良質な消化吸収のよいドッグフードであれば、丸飲みしても心配ありません。

それでも心配な方はこんなひと工夫を

それでも「不安だ」という方は、フードをふやかしたり、砕いたりして与えてみてください。また、1回の量を減らして食事の回数を増やしたり、消化しやすい小粒タイプに代えたりしてみるのも、1つの方法です。

早食いしても大丈夫?

犬の祖先である狼は、自分で見つけた獲物を誰かに横取りされる危険に、常にさらされていました。また、兄弟間での食料の奪い合うこともあったはずです。そんな状況下では、悠長(ゆうちょう)によく味わいながら食事をする余裕はなく、素早く食べることが、生き残るための条件でした。
そんなわけで、犬の習性は、もともとゆっくりご飯を食べるようにはできていません。しかし、極端な早食いは、やはり健康によくないのも事実。早食いによって起こる問題は、たくさんあります。

早食いにはリスクがいっぱい

代表的な「早食いによるデメリット」は、次の通りです。

  • 胃腸に負担がかかる
  • 素早く食べることで、消化器官に大きな負担をかけるのは、どんな動物でもいっしょです。

  • 食べ過ぎる
  • 早食いをすると、脳の満腹中枢が司令をだす前に、余分な量を食べてしまいます。これは、人も犬も同じこと。また、犬にはもともと「食いだめ」をする習性があるため、おいしそうな食べ物が目の前にあると、ガツガツとバク食いしてしまうわけです。

  • のどに詰まらせる
  • これも人と同じですが、急いで丸飲みにすれば、当然のどに詰まらせる危険がでてきます。若い犬なら比較的安全ですが、老犬になってくると自分で吐き出すことが難しく、窒息してしまう可能性もあるので注意が必要です。

  • 胃捻転の恐れ
  • 「胃捻転」とは、大きくなった胃が、ねじれて腸と絡まってしまう病気で、お腹が膨れて呼吸困難になったり、血液の循環が悪くなったりして、ショック症状を引き起こします。場合によっては死に至ることもある、恐ろしい病気です。
    胃捻転は、胸の大きい大型犬に比較的多いといわれています。原因は不明ですが、ドカ食いした後に激しい運動をすると起こりやすいという傾向があるようです。

早食いを防止するにはどうしたらいいか

早食いを防止するには、さまざまな方法がありますので、参考にしてください。

  • 「早食い防止」のフード皿を使う
  • ペットショップなどで、早食い防止のためのドッグフード皿が売られています。どんなお皿かというと、ワンちゃんが餌を食べにくくする工夫が施されています。わざわざ専用の器を揃えなくても、いつものフード皿にコングなどを入れて、食べる邪魔をするだけでも効果があります。

  • お湯でドッグフードをふやかす
  • ぬるま湯で餌をふやかす方法は、とてもおススメです。消化にもいいですし、水分でドッグフードのカサが増えるため、満腹感を得やすくなります。噛む力が弱まっているシニア犬には最適です。ただし、ドッグフードをふやかすと、歯にカスが残りやすくなるので、ガムなどを与えて歯をきれいにさせましょう。

  • 多頭飼いの場合は、競争せずに食べられる環境を整える
  • 多頭飼いは、他の犬に餌を取られる可能性があるため、愛犬が早食いになるケースが多いようです。そういった場合は、それぞれを十分に離して食事を与えるか、ハウスでご飯を与えるようにすると改善されます。

まとめ

犬は、消化のメカニズムが人間と違うため、よく噛まずに丸呑みしても大きな問題はありません。しかし、丸呑みする上に早食いをすると、胃腸に負担をかけたり食べ過ぎたりすることになります。また、場合によってはのどにつまらせたり、胃捻転などを起こしたりして、死に至るケースも。
早食いを予防するには、「お皿を変えて餌を食べにくくする」「ドッグフードをお湯でふやかす」「多頭飼いならば、ハウスなどでゆっくり食べられる環境を整える」などが効果的です。