愛犬の飲料水はミネラルウォーター?水道水?

愛犬の飲料水

犬は、水たまりや川の水を飲んでも元気に走り回っています。ですので、基本的にワンちゃんに与える水の種類は、あまりこだわる必要はありません。逆に、こだわりを持ってミネラルウォーターなどを与えている場合、硬度が高いものだとワンちゃんに弊害がでてきますので注意しましょう。

ミネラルウォーターはNG?

最近では塩素などを気にして、愛犬にミネラルウォーターを与えている飼い主さんがいるようですが、水の硬度によっては、飲ませると危険なものがあります。
ミネラルウォーターの中には、ミネラル成分(カルシウムとマグネシウム)が多く含まれている「硬水」と、そうではない「軟水」との2種類があります。「○○の天然水」など、日本で生産されているものは硬度が低い軟水で、「エビアン」や「コントレックス」などの海外のミネラルウォーターは、硬度が高い硬水です。
犬は、ミネラルを多く摂り過ぎると、尿路結石症(尿結石)を引き起こす危険性があります。これは、体内のミネラルが結石になり、膀胱や尿道を塞いでしまう病気です。したがって軟水なら問題ありませんが、愛犬に硬水を与えるのは避けたほうがいいでしょう。

日本の水道水最強説!

日本の水道水は、全国の平均硬度がおよそ約50mg/lの軟水です。また、きれいで安全性が極めて高く、人間も安心して飲めます。発がん性が高いヒ素の水質基準が、ミネラルウォーターより国内の水道水のほうが厳しく設定されているほど、飲料に適しています。
ですので、愛犬に与えるのは水道水がベストです。それでも塩素などが気になる方は、浄水器を通した水道水を与えるといいでしょう。ただし、浄水器でろ過した水は雑菌が繁殖しやすいので、フィールターはマメに交換してください。

まとめ

ミネラルウォーターを愛犬に与える場合、「エビアン」「コントレックス」などのミネラル成分が高い「硬水」は、ワンちゃんが尿路結石症(尿結石)を引き起こす原因となるのでNGです。
日本の水道水は、軟水で安全性も充分確保されていますので、愛犬に適しています。もし塩素が気になる人は、浄水器を通してあげるといいでしょう。