気になる犬の口臭・体臭|ドッグフードで改善するのを知っていますか?

口臭体臭ドッグフード

犬を飼っていると悩みになってくるのがニオイです。愛犬の口臭や体臭がクサいと感じたことありませんか?動物だから仕方がないとあきらめている人もいるかもしれませんが、意外なところに原因がありました。そのニオイ、なくなるかもしれませんよ。

口臭の原因

犬の口臭にはどんな原因があるのでしょうか。

歯垢、歯石、歯周病
人間と同じで歯磨きをしないと、犬も歯垢や歯石がたまって口臭になります。ひどくなると歯周病や歯槽膿漏になり口臭もひどくなります。それを予防するには歯垢になる前に歯磨きで食べかすを取ってあげるのが一番効果的です。

ドライタイプのドッグフードはカリカリと食べることで歯垢を落とす効果がありますが、半生タイプやウェットタイプのドッグフードを食べていると、柔らかく歯にくっつき歯垢がたまりやすいといわれています。

内臓疾患
胃腸や腎臓などに疾患がある場合にも口臭がする場合があります。体重が減少する、食欲が落ちる、頻尿になるなど口臭のほかにも症状がある場合には動物病院での診察をおすすめします。

ドッグフード
お酒を飲んだりニンニクを食べたりした次の日に、口臭がするという経験があると思いますが、犬も食べたもの、つまりドッグフードによって口臭がする場合があります。

体臭の原因

体臭はどのような原因が考えられるのでしょうか。

汗や汚れ
ひと昔前まで犬は汗をかかず、「ハァハァ」と息をすることで体温調節をしていると考えられていましたが、最近では鼻と肉球にある「エクリン汗腺」と全身にある「アポクリン汗腺」から、人間ほどではないものの汗をかいていることがわかってきました。
このうち「アポクリン汗腺」からの汗が体臭の元といわれています。

犬は汗をかいたり汚れていたりすると、体が被毛に覆われているため雑菌が繁殖しやすくニオイも強くなります。シャンプーをして清潔にすることでニオイは軽減されます。

肛門腺
犬の肛門の両側に肛門腺と呼ばれるものがあります。その肛門腺からは独特で強烈なニオイの分泌物が出ます。通常は便と一緒に排出されますが、たまってくると漏れ出すこともあります。定期的に絞り出すことで、肛門腺のニオイを防ぐことができます。

ドッグフード
食べた物も体臭に大きく関係しています。「アポクリン汗腺」からの汗が体臭の元になっていることは前述しましたが、その汗にはタンパク質と脂肪が含まれています。そのタンパク質と脂肪は、ドッグフードに含まれるタンパク質と脂肪の「質」に影響されます。

消化の悪いものや粗悪な食材のドッグフードを食べていると、腸内で悪玉菌が増えてしまいます。そうするとアンモニアや尿素をつくり出し、大腸粘膜から吸収されて血液と一緒に全身にめぐります。そしてタンパク質、脂肪、アンモニア、尿素が混じった独特なニオイの汗となって「アポクリン汗腺」から出ていきます。

それと同じことが便や口の中でも起こります。それによって便や口臭もクサくなります。そのような場合は歯磨きしてもシャンプーしても、ニオイは取れません。腸内環境をよくするドッグフードにかえることで解消されます。

口臭・体臭になるドッグフードとは?

腸内に悪玉菌が増えると口臭・体臭の原因になることがわかりましたが、どんなドッグフードが悪玉菌を増やすのでしょうか。

粗悪な肉、脂肪
前述したように粗悪な肉と脂肪はもろに影響します。ドッグフードに使われる食材の種類は原材料を見ればわかりますが、実際の品質まではわかりません。しかし表記の仕方で分かることもあります。

肉ではチキンミールのように「◯◯ミール」「◯◯エキス」「◯◯パウダー」の表記があるものは注意が必要です。そのような表記すべてが悪いわけではありませんが、副産物(捨てる部分)が含まれている可能性があります。

脂肪では「動物性脂肪」「動物性油脂」などがそうです。「動物性」だけではなんの油かわからないので、そういう「あいまいな表記」は避けた方が無難です。あいまいな表記といえば「◯◯等」も同じです。

ドッグフードの原材料チキンミールの実態~副産物なので危険?ミールって何?~

消化の悪い穀物
犬はもともと肉食なので肉や魚の消化は得意ですが、小麦やトウモロコシなどの穀物の消化は苦手です。消化ができなかったものは、腸の中で悪玉菌となります。
激安のドッグフードはコストを下げるために、主原料となるタンパク源にあえてコストの安い穀物を使用しているものが多いです。

添加物
保存料や酸化防止剤などの添加物の中には犬の体に悪い合成添加物も含まれます。そのような物質は犬の体は異物とみなし、悪玉菌になってしまいます。

口臭・体臭予防のドッグフードを選ぶ3つのポイント!

以上のことから、口臭・体臭を予防するドッグフードを選ぶポイントは3つです。

  • ヒューマングレード(人間もたべられるほどの品質)
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 添加物不使用

口臭・体臭予防におすすめのドッグフード!

上記の3つのポイントをすべて満たした、おすすめのドッグフードを紹介します。

カナガン
ドッグフードカナガン
カナガンのドッグフードはすべての食材にヒューマングレードのものを使用しています。
主原料にはチキンをたっぷり、油脂(脂肪)には鶏脂とサーモンオイルを使っています。悪玉菌になるといわれる穀物を使用せず、酸化防止剤には天然素材のビタミンEを使いました。フラクトオリゴ糖配合で腸内環境を整え、口臭・体臭を予防します。

モグワン
モグワンドッグフード
モグワンのドッグフードの食材もすべてヒューマングレードです。主原料にはチキンとサーモンを使用し、油脂にはココナッツオイルを使っています。
乳酸菌の力で腸内環境を整え善玉菌を増やすだけでなく、免疫力アップにもつながります。もちろんグレインフリーです。酸化防止剤にはビタミンEを配合していて、口臭・体臭の原因になるようなものは一切含まれません。

口臭・体臭についてまとめ

仕方がないとあきらめていた人は、ドッグフードが原因だったことに目から鱗が落ちる思いではないでしょうか。
善玉菌を増やしても悪玉菌がゼロになることはないので、ニオイが全くなくなることはありません。でも、劇的に少なくなります。歯磨きしてもシャンプーしてもニオイが改善されないときは、一度ドッグフードを見直してみてください。

犬のにおいとドッグフードの関係