犬のおやつの選び方や人気について

犬のおやつ

おやつは、飼い主とのコミュニケーションを深める大切なツールです。しつけのご褒美として与えると、飼い主も楽しく、愛犬にとっても大きな喜びに。種類も豊富にそろっていますので、愛犬の体質や年齢に合ったものを選びましょう。食べ過ぎは肥満や病気の元になるので、けじめをもって与えることが大切です。

そもそも「おやつ」って何?

おやつの意味や注意点について説明致します。

おやつは人と犬との絆を深める嗜好品です

栄養面から考えると、犬におやつは必要ありません。栄養価も高く、成分バランルも優れているドッグフードで充分なのです。しかし、人間にとって、「食事」が楽しみのひとつであるように、犬にとっても食べることは大きな喜びです。
ましてや、大好きな飼い主からおいしいご褒美をもらえたら、そんなに嬉しいことはありません。おやつは、遊び道具と同じように、人と犬とのコミュニケーションを深めるツールになり、しつけのときには「ご褒美」としても活躍します。

与えすぎには注意しましょう

クッキーやガム、ジャーキーなどの「嗜好品」と呼ばれるものは、ドッグフードと比べると美味しさが際立っています。塩分が多く、カロリーも高めなので、食べ過ぎれば肥満の原因になります。
ワンちゃんにねだられるがままに与えるのではなく、しっかりけじめをもってあげてください。犬のおやつは、食事全体量の20%以内に抑えるのが理想です。

選ぶ際の栄養のバランスは重要

おやつは嗜好品ですので、美味しさを重視して味がついています。ドッグフードのようにたくさんは与えないといっても、日々口にするものですので、しっかりと栄養バランスを考えて選びましょう。

添加物は避ける

添加物が入ったものは、なるべく避けてください。人間の食品と違い、犬用フードの規制は甘いので、有害な成分がどのくらい紛れているかわかりません。原材料はチェックして、できれば無添加のドッグフードを購入しましょう。

低脂肪なものを選ぶ

また、脂肪分や塩分が高いおやつは、高血圧や糖尿病の原因を作ります。チーズやジャーキーは、低脂肪のものもでていますので、上手にカロリーコントロールをしてあげましょう。

与える量に気をつける

「ドッグフードをあまり食べないから、その分おやつをあげたらよく食べた」。そんなことはありませんか?おやつは嗜好品ですので、ドッグフード替わりにはなりません。あくまでも、ドッグフードをメインとして、おやつは楽しみ程度にしておいてください。
おやつを与えすぎると栄養過多や栄養不足に陥り、健康面でいろいろな影響も出てきてしまいます。食事とのバランスをしっかりとることが大切です。

クッキーやガム、チーズは人気

愛犬に与える人気のおやつのベスト3は、クッキー・チーズ・ガムです。ペットショップやホームセンターに行くと、さまざまな種類のものが並んでいます。

クッキー

クッキーやビスケット類は、噛みごたえがあって犬が満腹感を得やすいので、食べ過ぎ予防になります。さまざまな種類が出ているので、愛犬の体質や年齢に合わせたものを選べます。
肥満気味のワンちゃん…低カロリーのクッキー
小麦粉アレルギーをもったワンちゃん…米粉を使用したクッキー
高齢犬向け…ブルーベリー・クランベリー配合のクッキー
(※ベリー類は、視力が衰えてきた老齢のワンちゃんにはぴったりの食品です。)
また、愛犬のために手作りクッキーを用意するのもいいでしょう。ワンちゃんの健康状態や好物に合わせてアレンジできるのも、手作りの良さ。飼い主の愛情もしっかりと伝わるでしょう。

ガム

ガムは、犬のおやつの定番で、おやつの中でも特に種類が豊富です。昔からある定番商品は、白色で牛皮を使ったもの。最近では犬の健康を考えて、漂白剤を使用しない茶色いもの、塩分控えめのもの、防腐剤を使っていない無添加のものなども数多く出ています。
形やサイズ、固さが自由に選べ、大型犬が喜ぶ大きな骨型タイプから、1パックに5〜10本入っている棒状タイプのものまであります。ペットショップやスーパーなどで手軽に購入できるので、愛犬の体型や年齢に合わせて選んでみましょう。

チーズ

チーズは栄養価が高いので、食欲不振気味の犬でもよく食べてくれる、人気があるおやつです。 中には、消化吸収に優れたパウダー状のチーズもあり、おやつとしてだけではなく、食事に混ぜて食べさせることも可能です。
また、食べ応えがある、固めの棒状タイプもありますが、これは、犬のストレス解消にも役立ちます。
健康的なものから低カロリーのものまで、豊富なラインナップがそろっている犬のおやつ。愛犬の喜ぶ顔を思い浮かべながら、好みの種類をチョイスする買い物は、飼い主にとって楽しいひとときです。愛犬の体質や体型に合ったものを、けじめをもって与えましょう。