ドッグフードを減らす?犬のダイエットは適切に!オススメのダイエット法

犬のダイエット

ワンちゃんも、肥満は健康によくありません。さまざまな病気のもとにもなりますので、ダイエットが必要です。そのとき、食事を極端に減らすのではなく、その内容を工夫することが大切。それに合わせて散歩などで運動量を増やしてあげましょう。

わんちゃんの肥満についてはコチラ
肥満に注意!原因は?おすすめのドッグフードは?

量を減らすよりも低カロリーの工夫を

「ダイエットをするには、まず食事の量を減らさなくては」。そう考えて、1日2回だった食事を1回にしたり、与えるドッグフードをいままでの半分にしたりする人の話をよく聞きます。
しかしそれでは、犬がストレスを抱えてしまいます。これまで食べていた通りに餌をもらえないわけですから、物足りなさを感じてイライラするのです。ですので、量を減らすよりも、与え方や食事の内容に気を配ったほうが賢明です。

同じ量で食事の回数を増やす

食事をとるということは、栄養を吸収するためにエネルギーを使うので、消化器官の運動になります。従って、一度にたくさんのドッグフードを与えるよりも、食事回数を増やして1度に与える分量を減らすほうが、脂肪を減らすことができます。可能なら、1日2回だった食事を量は変えずに3〜4回に小分けにして与えることが理想です。

低カロリーなものを混ぜてかさ増しする

ドッグフードを減らしても、その分低カロリーで体にいい食材を混ぜてしまえば、ワンちゃんの物足りなさを軽減できます。キャベツやブロッコリーなど、茹でた野菜を混ぜれば、ビタミンも豊富で健康のためにもいいでしょう。他におススメなのは「おから」です。
おからは食物繊維が豊富なので、腸内環境を整えて便通をよくします。また、満腹感を得られる食材なので、低カロリーでも犬が物足りなくてイライラすることがありません。

ダイエット用ドッグフードを与える

ペットショップやホームセンターに行くと、ダイエット用のドッグフードが置いてあります。餌そのものがカロリー計算されているために、大変便利です。

運動も忘れずに!いつもの散歩にも一工夫

運動量を増やしてあげることは、愛犬にとって最高のダイエット方法です。特別なことをしなくても、普段のお散歩にちょっとした変化をつけるだけで大丈夫です。人にとってもいい運動になり、愛犬とのコミュニケーションも深まります。

いつもの散歩コースを変えてみる

遠回りをする、行ったことのない道を歩いてみるなど、普段歩かない道を歩いてみると新鮮味があり、運動量も自然に増やすことができます。
気になっていたお店まで愛犬を連れて行ってみる、行きたかった公園まで足を伸ばしてみるなど、ワンちゃんのダイエットを口実にあなたの行動範囲も広げてみてはどうでしょうか?

ボールやフリスビーなどで遊んであげる

庭や公園で、ちょっとしたおもちゃを使って一緒に遊んであげましょう。犬は走り回るのが大好き。あなたにとっても愛犬にとっても、心と体のいいリフレッシュになりますよ。
犬でも人間でも、厳しく苦しいダイエットは、ストレスが溜まるだけで長続きしません。健康的でいっしょに楽しめる方法で、愛犬の健康を守ってあげたいものですね。