ドッグフードでも毛並みや毛ツヤが良くなる

ドッグフード毛並み

「最近、うちの犬の毛並みや艶がよくないな」。そう感じる原因には、シャンプーやブラッシングの他に、食べ物が関係していることがよくあります。与えているドッグフードが穀物中心のものならば、見直す必要があります。犬の体には、炭水化物より良質な脂質やタンパク質が必要です。

あなたがあげているドッグフードの内容は大丈夫?

愛犬の毛に艶がない、と感じるときにまず考えるのは、「シャンプーとリンスが毛に合っているか」「ブラッシングをマメに行なっているか」ということです。これらもひとつの原因ですが、犬の毛並みの状態は、普段食べているものが大きく影響しています。

犬には良質なタンパク質が必要

ワンちゃんにとって、最も重要な栄養素は「タンパク質」です。犬が必要とするタンパク質は、人間に必要な量の3倍以上といわれています。人間と同じ感覚で穀物メインの食事を与えていると、当然、栄養が偏ってしまうわけです。
タンパク質は、犬の筋肉や内臓・皮膚・被毛など形成する上で、一番欠かせない栄養素。これが不足すると、被毛まで栄養がいきわたらなくなり、毛艶が悪くなります。ひどいときは、脱毛してしまうケースもあるので注意が必要です。

穀物メインのフードは見直す必要があります

今与えているドッグフードの原材料を確認してみましょう。通常、使われている原料は、割合の多いものから順番に記載されています。もし、「トウモロコシ」や「小麦」などの穀物類が最初に表示されていたら、餌を見直す必要があります。
タンパク質をメインとしたフードへの切り替えを検討してみましょう。その際、消化吸収が良く高品質な動物性タンパク質の入った商品を選ぶことが大切です。
犬は雑食といっても、もともと肉食の動物です。従って、植物性タンパク質より動物性タンパク質のほうが消化吸収しやすく、相性がいいのです。

良質な脂質(必須脂肪酸)も愛犬にしっかり与えたい重要な栄養素

毛艶が悪くなったり皮膚病になったりするワンちゃんには、タンパク質だけではなく、脂質が足りていない可能性があります。脂質には、人間も含む哺乳類全体に欠かせない必須脂肪酸が含まれていて、皮膚や毛のコンディションをよくするだけでなく、次のようなさまざまな効果をもたらします。

  • 動脈硬化予防
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 血流をよくする
  • 抗炎症作用

必須脂肪酸は、犬の体内で生成することができないので、外から摂取する必要がある栄養素です。しかし、市販されているドッグフードでは良質な脂質があまり摂れない場合が多いのが現状です。

ドッグフードに良質のオイルを垂らしてみる

必須脂肪酸には、オメガ3とオメガ6の2種類があります。通常のドッグフードは、「6」が多くて「3」が少ない傾向にあります。オメガ3が豊富に含まれている食品には、魚油(サーモンオイルなど)や亜麻仁油(アマニアブラ)・えごま油などがあります。
これらのオイルをワンちゃんの餌に数滴垂らしてあげると、バランスよく必須脂肪酸を与えることができます。ただし、アマニ油やえごま油は酸化しやすいため、開封後は冷蔵庫で保存し、1か月以内で使い切りましょう。

サプリメントを利用するのもひとつの方法です

最近、犬用のサプリメントが数多く発売されています。これらのサプリメントには、ビタミンやミネラル、コエンザイムやコラーゲン、ハーブ、必須脂肪酸のオメガ3系が含まれているので、愛犬の栄養バランスを摂るには最適です。
ただし、普段与えている餌との兼ね合いがあるので、サプリメントを併用する場合は、栄養バランスを計算できる人でないと難しいでしょう。