ワンちゃんに与えてはダメな食べ物まとめ

与えてはダメな食べ物

人間の体にはいいのに犬にとっては毒になる。そんな食品が意外とたくさんあります。いっしょに生活していると、つい愛犬にも同じ食べ物をあげたくなってしまいますが、それでワンちゃんが中毒症状を起こしてしまっては大変です。人の食べ物は与えずに、ドッグフードをしっかり食べさせることが理想でしょう。
犬に有害の食品は、誤ってたくさんの量をあげてしまうと、最悪死に至るケースもありますので注意しましょう。どんな食品がいけないのか、知っておくことが大切です。

与えてはいけない主な食べ物

よく知られているものから「え?!これもダメなの?」というものまであります。よくチェックしておいてくださいね。

玉ネギ

「犬には食べさせてはダメ!」という食べ物の代表格。玉ネギに含まれている「アリルプロピルジスルファイド 」という成分が、ワンちゃんの赤血球に影響を及ぼして貧血を引き起こします。最悪の場合は死に至ることもありますので、充分注意が必要です。
玉ネギ以外でも、長ネギ、ニラ、にんにく、らっきょう等、ネギ科の植物はすべてアウトなので、覚えておいてくださいね。

チョコレート

人間の体にはいいと言われているチョコレートも、犬にとっては有毒です。カカオに含まれている「デオプロミン」という成分が、中毒症状を引き起こします。デオプロミンは犬の体重1?当たり100?200mgが致死量と言われています。チョコレート以外にも、ココアなど、カカオが入った食品には気をつけてください。
ミルクチョコレートで100g当たり、215mgのデオプロミンが含まれているますので、10kgのワンちゃんが板チョコ10枚弱食べると死んでしまう、ということになります。チョコレートを、そんな大量にバク食いする犬はいないと思いますが、少量でも嘔吐や下痢の原因になりますので、注意しましょう。

ぶどう・レーズン

人にとっては健康にいい食材ですが、犬の場合は嘔吐や下痢、肝機能障害などの中毒症状を引き起こすケースがあります。原因は定かではなく、中には食べてもまったく平気なワンちゃんもいるのですが、万が一のことを考えて食べさせないほうがいいでしょう。
干しレーズンの入ったお菓子やシリアル、ぶどうパンなどもあげないようにしましょう。

詳細:【ぶどう中毒】犬にブドウを食べさせてはいけない本当の理由

アボガド

「森のバター」と言われるくらいに栄養価が高く、美容にも健康にもいいとされるアボガド。ワンちゃんにあげても体よさそうなイメージですが、害があります。ペルジンという成分が、嘔吐や下痢・胃腸炎を引き起こす恐れがあります。アボカドを食べた愛犬が死亡した、という事例もあるので、気をつけてください。

キシリトール

虫歯予防にいいとされ、よくガムの成分などに使われますが、ワンちゃんにとっては中毒症状や急激低血糖を起こす危険が。低血糖の発作を引き起こし、場合によっては死んでしまうことがあります。
少量の摂取でも30分以内に血糖値が下がり、嘔吐や歩行困難、内出血、肝不全を発症するケースが報告されていて、約9キロの犬の場合、2、3枚のキシリトールガムが致命傷となり得るのだとか。
犬はもともと虫歯になりにくいので、あえて食べさせる人もいないと思いますが、小さな子どもが誤ってガムをあげてしまった、などというトラブルが起こらないようにしましょう。

ナッツ類

マカダミアナッツなどのナッツ類も、詳しい原因は不明ですが、ワンちゃんが食べると中毒症状を起こす場合があるようです。平気な犬もいるようですが、万が一ということがありますので、避けたほうが無難でしょう。

コーヒーや紅茶

カフェインが入ったお茶類は、中枢神経を興奮させる作用があるので、てんかんや痙攣を起こす可能性があります。人でも飲み過ぎには注意が必要ですが、ワンちゃんの場合は飲ませないようにしてください。

関連:犬に飲ませてはいけない飲み物

その他気をつけたいもの

ハムやウインナー、ジャーキーなどは、大好物というワンちゃんもいるかもしれません。しかし、人が食べるものは犬にとっては塩分が多く、高カロリーです。心臓や腎臓に支障をきたす場合がありますので、控えたほうがいいでしょう。
また、カレーやコンソメスープは、玉ネギが入っていますので、犬にあげてはけない食品です。玉ネギは直接ではなくてもハンバーグやロールキャベツなど、様々な料理に使われています。
ごろっとした形が確認できなくても、すりおろしたものや痛め玉ネギが、隠し味として入っていることがありますので、注意してください。
こうして見てみると、想像以上にたくさんの食品が、犬にとってはNGです。けじめをつけてしっかり人間の食事と分け、ドッグフードなどの栄養バランスに優れた食事を与えるのがベストかもしれませんね。