ドッグフードの危険な原材料『入ってると嫌だワン!』

ドッグフードの危険な原材料

ドッグフードに含まれている添加物だけではなく、原料となっている食材にも、犬の健康を害す危険なものがあります。表記だけ見ると安全そうに見えても、実際の内容は違っている場合が少なくありません。

畜肉副産物・ミール・エキス・パウダー

チキン・ビーフ、など、原材料の肉の名称をはっきりと記載せず、「副産物」や「ミール」「エキス」「パウダー」と書かれているときは、純粋な肉の部分は、ほぼ使われていません。
副産物とは、食用の鶏や牛から食肉部分を除いたものです。鶏でいうと、クチバシやトサカ、羽根や内臓など。血液や糞尿なども含みます。これらを寄せ集めてレンダリングし、粉末状にしたものを「◯◯ミール」と呼びます。
中には、病死・事故死した家畜や、汚染された血液、ガン細胞に感染した器官が含まれることもあるので安全とはいえません。「何が入っているかわからない」というのが、畜肉副産物・ミール・エキス・パウダーです。

穀物が主原料

犬の主食は、肉です。タンパク質が主な栄養源で、炭水化物は副菜のようなもの。ですので、最も多く含まれている原料がトウモロコシや小麦などの穀類だったら、犬にとっては栄養バランスの悪い食事ということになります。
原料は、含まれている量が多い順にパッケージに記載されます。したがって、その順番を見れば、何が多く入っているかがわかります。穀物類が最初に書かれている場合は要注意。チキンやラム肉など、肉をベースにしたドッグフードを選ぶのが理想的です。
また、ドッグフードに記載されている「穀物」は、良質の原料がそのまま使われていることは本当に稀で、トウモロコシや小麦を加工したあとの搾りカスであることがほとんどです。穀物はアレルギーを引き起こしやすい原料でもあるので、気をつけましょう。

動物性脂肪

ただ「動物性脂肪」と書かれていても、どんな動物からとれた脂分なのかわかりません。病死・腐敗した家畜から採取しているかもしれませんし、数種類の動物の油を混合している可能性もあります。
また、動物性脂肪は、酸化・劣化しやすいので、いっしょに保存料や酸化防止剤がたくさん使われます。アレルギーを発症する危険や発がん性も疑われるため、注意が必要です。

ビートパルプ(テンサイ)

ビートバルプとは、サトウダイコン《別名:甜菜(テンサイ)》から砂糖を抽出したあとに残る、葉と搾りカスのことを指しています。つまり「植物の葉」なので、肉食の犬にはそもそも必要のない栄養素です。ではなぜドッグフードの原材料に使われるかというと、「かさ増し」のためなのです。
ビートパルプは犬にとっては、消化が悪く、大量に摂取すると便秘になり、健康を害す恐れがあります。また、薬品が残留している危険もあるので、できることなら避けたほうがいいでしょう。

ドッグフードの原材料ビートパルプってなに?危険なの?入っていないドッグフードは?

大豆ミール(脱脂大豆)

大豆ミール(脱脂大豆)は、大豆を食品加工したあとに残る「搾りカス」で、本来は捨てられるはずのもの。しかし、ドッグフードに入れると「かさ」を増やすことができ、更に搾りカスの廃棄にかかる費用も節約できるので、よく原材料に入れられます。
食べてもなんの栄養もなく、消化もしづらい大豆ミール。薬品が残留している可能性もあり、犬の健康を害する恐れがある原料です。
ここでご紹介したものは、名称だけを見れば、そんなに害のある原料には感じません。名前の響きだけに惑わされず、ワンちゃんの体によくないものをきちんと把握しておきましょう。