ドッグフードに入っている危険な添加物『これだけは食べたくないワン!』

ドッグフードの添加物

ドッグフードには、「酸化防止剤」や「着色料」、「甘味料」などの添加物が少なからず入っています。人間の食品では制限や禁止されているものでも、ドッグフードでは規制されません。どんな添加物が危険か飼い主の方がよく知っておき、
愛犬の健康を守りましょう。

酸化防止剤

エトキシキン

エトキシキンは、値段が安くて防腐力が強いために、海外では、時折ドッグフードに使われています。しかし、日本では、飼料への添加物としては認められていますが、食品への添加は認められていません。
ビタミンEよりも優れた抗酸化作用があり、「少しであれば健康に害はない」と主張するメーカーもありますが、確かなデータの元で立証されているわけではありません。皮膚炎などのアレルギー反応が出たり、ガンを発症する恐れがあったり、愛犬の健康に悪影響を及ぼす可能性がある成分です。

BHA

BHAは、従来ガソリンの酸化防止剤として使われてきました。現在はバターやマーガリン・魚介冷凍品などの食品添加物としても使用されています。しかし、非常に強い抗酸化作用をもち、膀胱ガンや甲状腺ガンを引き起こす発ガン性物質であるといいわれています。
そのため、厚生省は食品への使用を禁止しようとしましたが、欧米からの圧力によって断念したという、いわくつきの酸化防止剤です。

BHT

BHTは、本来接着剤、ゴム、繊維加工剤、包装材料などに使われている酸化防止剤ですが、一時期、魚介冷凍品、チューインガム、バター・マーガリン、などの食品添加物としても使われていました。
発がん性の疑いなどから、いまでは食品に使われることはほとんどなくなりましたが、化粧品やボディーシャンプーには、まだ使用されている商品があるようです。発がん性の他にも、皮膚炎や過敏症、体重低下や脱毛をまねく恐れがある、毒性の強い成分です。 

着色料

赤色3号(エリスロシン)

赤色3号(エリスロシン)は、日本では、かまぼこやサクランボ、福神漬けなどに着色料として使われています。もともと石油から作られている合成着色料で、発がんの危険性が高いため、ドイツやアメリカ、ポーランドなどでは食品への使用が禁止されています。

赤色40号(アルラレッドAC)

赤色40号(アルラレッドAC)は、日本では、清涼飲料水やガム、キャンディなどの菓子類の色付けに使用されています。赤色3号同様、石油から作られている合成着色料で、様々なアレルギーを発症する危険性があるといわれています。

赤色102号(ニューコクシン)

赤色102号(ニューコクシン)は、日本では、洋菓子やソーセージなどに使用されています。赤色3号同様、石油から作られている合成着色料で、発ガン性、アレルギーの危険性が確認されているため、カナダやベルギー、アメリカなどでは食品への使用が禁止されています。

赤色105号(ローズベンガル)

赤色105号(ローズベンガル)は、日本では、ソーセージや練り製品をきれいな色に仕上げるために使用されています。赤色3号同様、石油から作られている合成着色料で、発ガン性や染色体異常の危険がある成分です。また、ラットを使った実験では、肝臓や腎臓にも悪影響が出ることが確認されています。

青色2号(インジゴカルミン)

青色2号(インジゴカルミン)は、日本では、アイスクリームや和菓子などの色付けとして使用されています。赤色3号同様、石油から作られている合成着色料で、熱や光に弱いという性質があります。人間には、発がん性、痙攣の危険が確認されていていますが、犬は「ウィルスに弱くなる」といわれています。

甘味料

ソルビトール

ソルビトール(別名ソルビット、またはグルシトール)は、ブドウ糖から合成されてできる糖アルコールの一種。砂糖と比べてカロリーが低いため、ダイエット食品などに使われています。しかし、砂糖の60%の甘みしかないため、大量に使用されがちです。
イタリアでは、大量摂取した女性が亡くなっているのだとか。注意が必要な甘味料です。

キシリトール

キシリトールは、カロリーが少ない甘味料としてガムなどに広く使われています。人間には無害なキシリトールですが、犬にとっては有毒で「与えてはいけない食べ物」に分類されています。
犬が誤って食べてしまうと、血糖値が低下し、嘔吐や歩行困難・腎不全が起こる危険がありますので、注意してください。

グリシリジン・アンモニエート

グリシリジン・アンモニエートは、安全性が確認されていないため、人間への使用が認められていません。ドッグフードへの規制はありませんが、無害かどうかがわからないので、気をつけたほうがいいでしょう。

ビートパルプ

ビートパルプは、甜菜(テンサイ)から砂糖を搾りとった後に残ったものです。ドッグフードの「食いつき」を良くするための原材料としてよく使用されますが、摂リ過ぎると、ワンちゃんが便秘になることがあります。

コーンシロップ

コーンシロップは、粘り気と弾力性をもたらす甘味料です。「食いつき」を促進する働きがあるため、ドッグフードによく使われますが、犬のすい臓や副腎に悪影響を及ぼし、糖尿病を引き起こす可能性もあるので注意してください。

その他添加物

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウム(別名亜硝酸塩、または亜硝酸ソーダ)は、肉の保存料や発色剤として使われていますが、肉類に含まれるアミンという物質と化学反応を起こすと発ガン性物質が発生することが知られています。

プロピレングリコール

プロピレングリコールは、食べ物をしっとりさせる働きがあるので、ドッグフードでも「ウェットタイプ」の保湿剤として使われています。カビを防ぐ効果もあるため、防腐剤としての役割も果たしています。
しかし、犬がプロピレングリコールを摂り過ぎると、アレルギーや腸閉塞などの原因になりますので、気をつけましょう。

ソルビン酸カリウム

ソルビン酸カリウムは、カビや細菌の繁殖を防ぐ「防腐剤」の働きをするため、マーガリンやジャム、かまぼこやプロセスチーズなど、多くの食品に添加物として使われています。しかし、亜硝酸ナトリウムと反応すると発ガン性物質を発生させる恐れがある、注意が必要な成分です。
少し挙げただけでも、これだけある、添加物。すべてを把握するのは大変ですが、まずは、ドッグフードのパッケージに記載してある原材料をチェックして、なるべくワンちゃんの体にいいものを選んであげたいものですね。