ドッグフードの原材料チキンミールの実態~副産物なので危険?ミールって何?~

ドッグフードの原材料チキンミール

ドッグフードの原材料でよく見かける「チキンミール」。この「チキンミール」って何だか知っているでしょうか。
今回は謎の「チキンミール」についてまとめました。安全なドッグフードを見分ける方法も紹介しています。大切な愛犬のためにもぜひ参考にしてください。

チキンミールとは何?

チキンミールと聞くと鶏肉のなにかであると想像できますが、「ミール」とは何なのでしょうか。
「ミールとは、鶏肉、豚肉、牛肉などのくず肉、内臓、骨などに熱を加えて脂肪を除き、圧縮させ細かく砕いた粉末のこと」です。

鶏肉を粉末にしたものをチキンミール、豚肉を粉末にしたものをポークミール、ラム肉だとラムミールといいます。ミートミールは(何かの)肉を粉末状にしたものです。

チキンミールが危険といわれるのは本当?

愛犬家の中で「チキンミールが危険」といわれていますが、それは本当なのでしょうか。実はこんな理由がありました。

何が入っているかわからない
チキンミールが危険だといわれるのは、材料になる鶏肉にクチバシや羽、トサカ、足、内臓、骨といった捨てられる部分(副産物)が含まれているからなのです。内臓の中には糞尿も入ったままだといいます。

また鶏の状態も新鮮なものとはほど遠い、病死した鶏や腐った鶏など、人間用に加工できないものがドッグフード用に加工されていることもあります。
チキンミールになると最後には茶色い粉になってしまうので、実際には何が入っているのかわからないのです。恐ろしいですよね。

安価なドッグフードほど危険度が高い
脅かすようなことを書いてきましたが、チキンミールすべてが危険なわけではありません。新鮮な鶏肉を砕いて粉末にした栄養価の高いチキンミールも実際にあります。ではどのようなチキンミールが危険といわれるのでしょうか。

ホームセンターなどでも大量に売られているドッグフードに中には、1kg当たり300円ほどの安価でたたき売りされているようなものもたくさんあります。こういった安価なドッグフードほど粗悪な肉が使われているといわれています。

もちろん高価なドッグフードがすべて安全とは限りませんが、安価なドッグフードにいいドッグフードはありません。
チキンミールが使われていなくても、安いドッグフードに新鮮なお肉が使われているはずがありません。お財布には嬉しいですが、犬には危険なのです。

量販店に流通するドッグフードの問題点

他にもある?犬に危険な原材料

危険なのは「チキンミール」だけではありません。肉の表記に関しては「◯◯ミール」をはじめ「◯◯エキス」「◯◯パウダー」「◯◯粉」も同様です。
また、「チキン等」といった表記も注意が必要です。原材料は何が使われているかを知るためのものなので、「等」で済まされてはあいまいでわからないですよね。

それから「動物性油脂」や「動物性脂肪」もあいまいな表記としてあげられます。この油はドッグフードをコーティングする目的で使用されていますが、「動物性」だけでは何の油なのかわかりません。鶏脂など具体的に記載してほしいところです。

安全なドッグフードの選び方

ドッグフードは原材料を見るだけで、安全かそうでないかをある程度見分けることができます。次のようなことを注意して選びましょう。

主原料は肉や魚
原材料は配合の多い順番に記載するという決まりがあります。まず主原料(最初に記載されているもの)は肉や魚のドッグフードを選びましょう。
もともと肉食の犬は動物性タンパク質を多く必要とします。主原料が肉や魚になっているものは、動物性タンパク質が豊富なドッグフードです。

品質のいいもの
上記で説明してきましたが、原材料を見てあいまいと思われる表記に注意して選びましょう。

  • 「◯◯ミール」「◯◯エキス」「◯◯パウダー」「◯◯粉」「◯◯等」
  • 動物性油脂、動物性脂肪

グレインフリー(穀物不使用)
一般的なドッグフードには、小麦やトウモロコシなどの穀物が多く使用されています。特に粗悪といわれるドッグフードには、必ずといっていいほど入っています。
肉食の犬は穀物の消化が苦手なうえに、アレルギーにもなりやすい食材です。ドッグフードはグレインフリーのものを選びましょう。

添加物不使用
保存料や酸化防止剤などの合成添加物は、犬に大変危険なものが含まれています。
最近では無添加ドッグフードが増えている中、いまだ添加物をふんだんに使っているものもたくさんあります。ドッグフードは無添加のものを選びましょう。

ドッグフードの原材料チキンミールまとめ

今の日本の法律では、犬は「物」として扱われます。「物」が食べるドッグフードは食品としての扱いを受けないので、食品衛生法などの規制の対象にはなりません。平成21年6月にペットフード安全法が施行されましたが、品質については全く規制されていません。

規制されていないことをいいことに、粗悪な材料を使っている業者がいるのも事実です。
愛犬を守るためには飼い主さんがいいドッグフードを見極めるしか方法がありません。原材料をしっかり見て、少しでも安全なドッグフードを選んであげてほしいと思います。