主原料がサーモンのドッグフードはどんな効果があるの?

サーモンドッグフード

犬には肉、猫には魚というイメージがありますが、今主原料がサーモンのドッグフードが多くなってきています。そこで今回はサーモンのドッグフードについてまとめてみました。「サーモンてどうなの?」「どんな栄養があるの?」と気になっている方は参考にしてください。

サーモンを使用したドッグフードについて

ドッグフードといえばチキンベースが大半を占めていたのですが、現在は食物アレルギーの犬が多くその対応策として、ラム肉やサーモンベースのドッグフードが増えてきました。しかし、今このサーモンが注目されているのです。

高タンパク・低カロリー
サーモンは肉に並び高タンパクで、また肉と比べると低カロリーの食材です。高齢犬や肥満の犬にも安心して与えられます。

豊富なビタミン
ビタミンB群やビタミンD、ビタミンEなどが豊富に含まれていて、疲労回復や成長の促進にも効果があるといわれています。

アスタキサンチン
サーモン独特の赤い身は、アスタキサンチンの成分のためです。アンチエイジングなどに役立つ成分として注目されているアスタキサンチンは、抗酸化作用が非常に強く、βカロテンの100倍、ビタミンEの1000倍ともいわれていて、紫外線による目のダメージや、白内障の予防にも効果があるといわれています。

オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)
皮膚の炎症を抑える働きをしてくれるのがオメガ3脂肪酸です。アトピー性皮膚炎やノミアレルギー性皮膚炎などの皮膚トラブルの改善に効果があるといわれています。またDHAは脳の活性やボケ防止に、EPAは抗炎症作用、高血圧予防などの効果が期待されます。

サーモンベースのドッグフード紹介

サーモンベースのドッグフードをいくつか紹介します。

カークランドサーモンポテト
カークランドサーモンポテト
カークランドはコストコのオリジナルブランドです。コストコの商品は何といっても安さが魅力ですね。しかし気になる材料としては、サーモンミールとフィッシュミールが入っていることです。ドッグフードの原材料に入っている「○○ミール」は避けたい材料のひとつです。全ての「○○ミール」が危険というわけではありませんが、フィッシュミールに関しては、何の魚かすらわかりませんし、コストから考えるといい品質は期待できません。

フィッシュ4ドッグ、サーモン
フィッシュ4ドッグ、サーモン
サーモンや白身魚が主原料の無添加ドッグフードです。フィッシュ4ドッグサーモンにもサーモンミールが入っていますが、公式サイトに大きな骨、ウロコ、内臓、頭、尾は使用していないと明記してあるので安心できます。高GI値※のポテトと低GI値※のエンドウをバランスよく配合しています。

※GI値とは食材が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードのこと(高GI値→早い、低GI値→遅い)

【番外編】療法食ヒルズ、d/d サーモン&ポテト
療法食ヒルズ、d/d サーモン&ポテト
療法食ヒルズのドッグフードは、主原料が肉や魚の動物性タンパク質であってほしいところポテト、ポテトスターチになっておりサーモンは3番目でした。皮膚病の犬などにすすめる療法食ですから、主原料をサーモンにしてほしいですね。またこれもドッグフードの原材料で注意が必要な「動物性油脂」含まれています。何の動物なのかわからないというのは不安材料のひとつです。

サーモンミールについて

上でも少し触れましたが、原材料に記載しているミートミールやチキンミール、サーモンミールなどは避けたい食材のひとつです。ミールとは肉や魚のいろいろな部位をごちゃ混ぜにして、粉末にしたものです。ごちゃ混ぜにしているもののなかには内臓や糞尿、病死したものや腐敗したものまでが含まれている可能性があるといいます。

もちろん品質のいいミールもありますが、コストが安ければ安いほど粗悪な材料が使用されるといわれています。公式サイトなどではっきりと明記されていない場合は、注意した方がいいかもしれません。

サーモンオイルについて

サーモンオイルにはオメガ3脂肪酸であるEPA・DHAが豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸は体内でつくることができないので、食品から摂取するしかありません。さらにサーモンオイルのいいところは、エゴマ油や亜麻仁油よりも吸収率がいいということです。

サーモンオイルの期待できる効果は多岐にわたります

  • アレルギー症状の緩和
  • 毛艶や毛並みの維持
  • 脳・神経機能の活性化
  • 抗炎症作用など

サーモンが原材料になっているドッグフードまとめ

主原料がサーモンのドッグフードにはいろいろな効果があることがわかりました。皮膚トラブルがある犬やアレルギーで悩んでいる犬、高齢犬などにもおすすめできます。ドッグフードを選ぶとき、サーモンのドッグフードを選択肢に入れるといいのではないでしょうか。

ただし、選ぶ際には次のことに注意してください。

  • 主原料がサーモンになっていること
  • 原材料に「○○ミール」や「動物性油脂」などの表記があるものは避ける
  • 無添加であること
  • グレインフリー(穀物不使用)であること