犬の血尿の原因・対策は?ドッグフードで予防できる?

ドッグフードで血尿対策

犬の尿や便の変化は、体調不良が一番わかりやすいサインでもあります。その中でも今回は犬の血尿についてまとめました。犬はどんなときに血尿が出て、予防法はあるのでしょうか。

犬の血尿

犬の尿が赤いときや茶色っぽい濃い色のときは血尿が疑われます。血尿が出たときは何による血尿なのかその原因をはっきりさせる必要があります。
メスの場合生理のときにも尿に血が混ざっているように見えるときがありますが、生理のときは陰部がポンポンに腫れて出血しているので違いがわかると思います。

血尿の原因で考えられること

犬はどんなときに血尿をすると考えられるのでしょうか。その症状の特徴と予防法も合わせて見ていきましょう。

中毒
玉ねぎ、チョコレート、タバコなどを食べることで中毒症状を引き起こします。特に玉ねぎなどのネギ類は、アリルプロピルジスルフィドという犬に悪い成分が赤血球を壊してしまうことで血尿が出ます。

症状 血尿、嘔吐、下痢、痙攣などがみられます。
予防 犬が食べてはいけないもの飲ませてはいけないものを絶対に口に入れさせないことです。散歩中や室内でも犬が誤飲しないように注意しましょう。

寄生虫などの感染症
蚊の媒介によって起こるフィラリア症やマダニの媒介によって起こるバベシア症も、血尿の症状が出ることがあります。

症状 血尿のほか咳がみられるようならフィラリア症、血尿と発熱があり歩くとふらつくなどの症状があればバベシア症の可能性があります。
予防 フィラリア予防薬、ノミ・ダニ予防薬やダニ・フィラリアを同時に予防できるものなど、予防薬が数多くあります。種類もスポットオンタイプや錠剤タイプ、注射など選べるようになっています。

膀胱炎
尿をためる膀胱が炎症を起こす病気で、尿道から細菌に感染して起こることが多くあります。慢性化すると腎盂腎炎(じんうじんえん)や尿路結石を引き起こすことがあります。メスの方が、尿道が短く細菌が入りやすいため膀胱炎になりやすいといわれています。

症状 頻尿、血尿、尿が白く濁っているなどがあげられます。
予防 陰部や室内の環境を清潔に保つことや、免疫力を高める食事などが有効です。

尿路結石
腎臓、尿管、膀胱などの尿の通り道に結石ができ、結石によって内側が傷つけられ血尿が出ます。犬の尿は通常弱酸性に保たれていますが、アルカリ性に傾くとストルバイト結石に、酸性に傾くとシュウ酸カルシウム結石になるといわれています。

症状 頻尿、尿が出ない、排尿にとき痛がるようであれば病路結石を疑いましょう。
予防 ミネラルバランスのとれた食事やビタミンCが豊富な食事で予防できます。

前立腺炎
オスだけにある前立腺に細菌が感染して炎症を起こす病気です。

症状 強い痛みがあるのが特徴で、発熱や嘔吐を伴いぐったりしているようなら前立腺炎の可能性があります。
予防 去勢手術を行うことで予防することができます。

ドッグフードで予防できる

血尿の原因と予防方法を紹介してきましたが、病気によってはドッグフードで予防できることもありました。血尿を予防するドッグフードとはどんなものなのでしょうか。

栄養価が高くバランスがとれたドッグフード
もともと肉食の犬が必要とする栄養は、肉や魚などの動物性タンパク質です。主原料(原材料の先頭に書かれておるもの)は穀物などの植物性タンパク質ではなく、動物性タンパク質のものがいいドッグフードといえます。また、カルシウムやリンなどのミネラルバランスがとれたドッグフードは、尿路結石を予防します。

免疫力を高めるドッグフード
腸内環境を整えることで免疫力アップにつながるといわれています。オリゴ糖や乳酸菌が腸内環境を整えるのには効果的です。また青魚や鮭、タラなどに含まれるオメガ3脂肪酸は免疫力を高める働きをします。免疫力を高めることで感染症になりにくい体をつくります。

抗酸化ビタミンが豊富なドッグフード
犬の体は活性酸素が増えすぎると免疫力が低下します。活性酸素は抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化ビタミンで減らすことができます。また、ビタミンCは、尿管結石のもとになるシュウ酸とカルシウムの結合を防止します。

血尿を予防する効果的なドッグフードはコレ!

ドッグフードカナガン
ドッグフードカナガン
カナガンは主原料にチキンを使用し、高タンパクでミネラルバランスのとれた無添加ドッグフードです。
オメガ3脂肪酸が含まれるサーモンオイルや腸内環境を整えるフラクトオリゴ糖、また抗酸化ビタミンが多く含まれるアルファルファ(マメ科のハーブ)、ニンジン、サツマイモ、ホウレンソウ、クランベリーなどが配合されていて、免疫力を高める働きを助けます。
中でもクランベリーは高い殺菌作用があり膀胱炎を予防するといわれています。

血尿とドッグフードについてまとめ

免疫力を高めるのはドッグフードだけではありません。適度な運動やストレスをためないことも大切です。
飼い主さんとの散歩や一緒に遊ぶなどのコミュニケーションは、愛犬にとって最高のストレス解消法です。食事と運動で丈夫な体づくりを目指しましょう。