魚を原料としたおすすめグレインフリーのドッグフード。メリットデメリットは?

魚を使ったドッグフード

犬といえば「肉」を食べるイメージが強く、どちらかといえば猫が「魚」を食べるイメージなのですが、「魚」のドッグフードもちゃんとあるんですよ。では「肉」と「魚」はどう違うのでしょうか。メリットとデメリットをまとめてみました。選び方も紹介していますので、「魚」のドッグフードを検討している方は、参考にしてください。

魚(鯵など)を原料としたドッグフードのメリット

人間は魚を食べると頭がよくなるとよくいいますが、犬にとってはどうなのでしょうか。実は、犬にとってもメリットがたくさんありました。

高タンパク・低カロリー
犬はもともと肉食動物なので、栄養素で一番必要なのは動物性タンパク質です。肉や魚にはこの動物性タンパク質が豊富に含まれているので、主食としてとりたい栄養素です。さらに魚にメリットがあるのは、ほかの肉類より低カロリーであることです。肥満気味の犬や高齢犬にも嬉しいですね。

アレルゲンになりにくい
最近は犬のアレルギーに悩まされている飼い主さんが多いといいます。肉類や小麦、トウモロコシなどの穀物はアレルゲンになりやすいといわれますが、魚はアレルゲンになりにくい食材のひとつです。アレルギーで悩んでいる方は、一度魚を原料にしたドッグフードを試してみてはいかがでしょうか。

オメガ3脂肪酸(HDA、EPA)が豊富に含まれる
魚に含まれるオメガ3脂肪酸には、皮膚の炎症を抑える働きがあります。アレルギーは食べ物によるものだけではありません。アトピー性皮膚炎や花粉症、ノミアレルギー性皮膚炎など環境アレルギーを発症する犬も多くいます。オメガ3脂肪酸は、そんな皮膚トラブルの症状の改善に効果があるといわれています。

さらにHDAは脳の発達やボケ防止に、EPAは抗炎症作用、血栓予防、高血圧予防などが期待されます。

タウリン、カルシウムが豊富
タウリンは血液の流れをよくし、心臓疾患、動脈硬化などを予防する効果があります。またカルシウムは歯や骨の形成を助けたり、筋肉の収縮を促したりする働きがあります。

魚を原料としたドッグフードのデメリット

メリットいっぱいの魚のドッグフードですが、デメリットはあるのでしょうか。

肉に比べて食いつきがよくない
急に魚のドッグフードに変えると、食べなれた肉の方が嗜好性もあり食いつきが悪くなる場合があります。ドッグフードを変える場合は一気に変えるのではなく、今までのフードに少し混ぜて徐々に増やしていく工夫が必要です。

腹持ちがよくない
肉に比べると消化も良く淡白で低カロリーなので、どうしても腹持ちが悪くなりすぐお腹が空くというデメリットがあります。食欲旺盛の子には物足りないかもしれません。

魚を原料としたドッグフードの選び方~無添加・グレインフリーは必須~

現在は魚(鯵やサーモン等)を原料としたドッグフードも増えてきました。「どれを選んだらいいかわからない」という方のために、選び方のポイントを4つ紹介します。

原材料の表記に注意!
原材料が記載されているところに注目してください。原材料は配合の多い順に記載するルールがあるので、最初に魚が記載されていると主原料が魚だとわかります。ところがドッグフードによっては穀物が主原料になっているものがあります。これはいいドッグフードとはいえません。主原料が魚の高タンパクなドッグフードを選びましょう。

ヒューマングレード
魚が主原料になっていても、品質が悪ければ意味がありません。ドッグフードはヒューマングレード(人間も食べられるほどの品質)の食材で作られたものを選びましょう。

グレインフリー(穀物不使用)
犬は穀物などの炭水化物は人間と違って消化が苦手で、必須の栄養素ではありません。そのうえアレルギーを起こしやすい食材でもあります。せっかくアレルゲンの少ない魚を原料にしたものを選んでも、穀物でアレルギーを起こしてしまうと台無しです。ドッグフードはグレインフリーのものを選びましょう。

無添加
合成保存料や合成着色料、酸化防止剤、香料などの添加物は犬に危険なものも含まれています。またアレルギーや涙やけの原因になるともいわれています。ドッグフードは無添加のものを選びましょう。

魚を原料としたおすすめドッグフードの紹介

魚が主原料になっているドッグフードを一部紹介します。

オリジン 6フィッシュドッグ
オリジン 6フィッシュドッグ
《1袋 2.27kg入り 6,804円》

  • 主原料に新鮮なサーモン、ニシン、カレイ、ウォールアイ、ノーザンパイク、レイク・ホワイトフィッシュをたっぷり80%も使用しています。
  • GI値が高いジャガイモやトウモロコシなどを使わず、低炭水化物で仕上げました。
  • 新鮮な魚には天然のグルコサミンとコンドロイチンが豊富に含まれていて、関節のサポートもしてくれます。

ニュートロ フィッシュ&玄米(ポテト入り)
ニュートロ フィッシュ&玄米(ポテト入り)
《1袋 3kg入り 4,536円》

  • 第一主原料にオメガ3脂肪酸を豊富に含む新鮮な生の魚を使用して、抜群の美味しさを実現しました。
  • 血糖値の上昇がゆるやかになる低GI値の食材を使用し、小麦やトウモロコシなどの穀物を使用していません。
  • アレルゲンになりにくい食材を使用し、皮膚や被毛の健康維持に配慮しています。

フィッシュ4ドッグ ファイネストシリーズ
フィッシュ4ドッグ ファイネストシリーズ
《1袋 1.5kg入り 3,080円》

  • サーモンや白身魚が主原料で、オメガ3脂肪酸もたっぷり入った無添加ドッグフードです。大きな骨、ウロコ、内臓、頭などは使用していません。
  • アレルギーを起こしやすい小麦、トウモロコシ、大豆などの穀物を使用せず、炭水化物には高GI値のポテトと低GI値のエンドウを、バランスよく配合しています。

魚のドッグフードまとめ

最近は犬のアレルギーが本当に増えてきているといいます。そういう私の愛犬(マルチーズ)もチキンアレルギーで、現在魚のドッグフードを与えています。初めはしょうがなく与えていたのですが、魚のドッグフードには私も知らなかったメリットがたくさんありました。今はもうシニア期に入ってしまったので、ボケ防止のためにもこれからも魚のドッグフードを与えようと思います。

今回の記事で、魚は人間にも犬にも優れた食材であることがわかっていただけたと思います。ドッグフードを選ぶ選択肢に、魚のドッグフードを入れてみてはいかがでしょうか。