愛犬の毎日の食事です!美味しくて健康的な無添加ドッグフードを選びませんか?

無添加ドッグフードランキング|サイズ・犬種別|高人気・高評価
ドッグフードには、数えきれないほどさまざまな種類があります。分類の仕方も、年齢別だったり、犬種別だったり、犬のサイズ別だったり。犬のタイプだけではなく、餌の形体も、「ドライタイプ」「ウェットタイプ」「大粒」「小粒」というように、バリエーションにあふれています。
当サイトのドッグフードランキングを参考に、その種類や特徴を学んで、愛犬も飼い主も満足のいく無添加ドッグフードをみつけましょう。

犬に優しい♪無添加ドッグフード

無添加のドッグフードは、愛犬の健やかな身体を守ります。発がん性物質である防腐剤や人工着色料などの添加物が入っていないので、ワンちゃんは病気になりにくく毛艶や体調もよくなります。

他にも、無添加ドッグフードにはこんなメリットが!!

  • 肉類や魚類など、良質の動物性タンパク質が主成分のものが多い
  • ビタミンやミネラルがバランスよく配合されている
  • 栄養価が高く、少量で済むので食べ過ぎによる肥満を防ぐ
  • 腸をきれいにし、便通をよくする

安全性が高く、栄養バランスにも優れている。更に犬の肥満や便秘などを解消する効果もあるので、ぜひ使用したいものです。

無添加ドッグフードランキング

当サイトがおすすめする口コミで高評価の『ドッグフードランキング』をご覧ください。

モグワンドッグフード

「タンパク質は50%以上、さらにグレインフリーだワン!」
モグワンドッグフード
総合評価 5点
価格 3,960円(1.8kg)
支払い方法 代金引換、カード決済
原材料 ヒューマングレード

カナガンドッグフード

「人間が食べられる高品質で新鮮な食材を使用しているワン!」
カナガンドッグフード
総合評価 5点
価格 3,960円(2kg)
支払い方法 代金引換、カード決済
添加物 無添加・完全グレインフリー

安心安全の無添加『ナチュラルドッグフード』

「安心安全の無添加でアレルギー品目は、未使用だワン♪」
安心安全の無添加『ナチュラルドッグフード』
総合評価 4点
価格 3,960円(2kg)
支払い方法 代金引換、カード決済
添加物 100%無添加

ネルソンズドッグフード

「高タンパク・低炭水化物で健康を考えているワン!」
ネルソンズドッグフード
総合評価 3点
価格 3,960円(2kg)
支払い方法 代金引換、カード決済
原材料 無添加・完全グレインフリー

ペットフードオブザイヤー受賞!【オリジン】

「肉80%、果物と野菜20%は生物学的に適正な比率だワン!」
オリジン
総合評価 3点
価格 6,156円(2.27kg)
支払い方法 代金引換、銀行振込
原材料 穀類一切不使用

無添加ドッグフードを選ぶポイント

安全な原材料を使用

ドッグフード安全な原材料原材料名が、「○○ミート」「肉類」「○○エキス」といった、あいまいな表現ではなく、「鶏肉」「牛肉」など、はっきりと表記されているフード。人間でも食べられる食材が表示されている無添加フードが、ベストです。
【関連】危険な4Dミート

きちんと品質管理

ドッグフード品質無添加ドッグフードは、防腐剤が入っていませんので、保存状態が悪いと直ぐに傷んできます。長い間店頭に並んでいるフードより、ネット通販などのように冷暗所でしっかり保存されている商品のほうが安全です。
【関連】ドッグフードの保存方法

価格が高すぎない

ドッグフード価格どんなにワンちゃんに良い無添加ドッグフードでも、値段が高すぎては、続けることができません。犬の餌は、人間でいうお米のように毎日消費するものなので、経済的に無理がない商品を選んでください。

アレルギーを持つワンちゃんの為のドッグフード

犬にもアレルギーを持った子がいます。与える餌は、無添加というだけではなく、避けたほうがいい原材料があるので覚えておきましょう。

グレインフリーのドッグフード

グレインフリー
「グレイン」とは、小麦やトウモロコシなどの「穀物類」のこと。犬の胃腸にとって、穀物類は消化しづらく、アレルギーを発症する恐れがあります。犬は本来、肉食です。動物性タンパク質が主原料の、グレインフリーの餌が理想です。
グレインフリーのドッグフードはこちら≫ドッグフード評価|無添加・グレインフリー

牛肉、豚肉以外の肉が主原料のドッグフード

肉が主原料のドッグフード
動物性タンパク質でも、牛肉や豚肉は脂質に問題があります。この脂質は「飽和脂肪酸」と呼ばれるもので、多く摂取すると皮膚の炎症を起こす原因となります。
同じ脂質でも、不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)が含まれている「ラム肉」や「馬肉」または「魚類」が原料の無添加ドッグフードがおススメです。また、もともと脂肪分の少ない鶏肉ベースのフードでもいいでしょう。

ドッグフード早見表

ドッグフード名 無添加 グレインフリー 価格(1kg)
モグワン 非常に良い 非常に良い 2,200円
カナガン 非常に良い 非常に良い 1,980円
ナチュラルドッグフード 非常に良い 非常に良い 1,980円
ネルソンズ 非常に良い 非常に良い 1,980円
オリジン 非常に良い 非常に良い 2,511円
FINEPET’S 非常に良い 注意 2,095円
犬猫自然食本舗 良い 注意 2,500円
馬肉パラパラミンチ 良い 良い 2,311円
国産鹿肉ドッグフード 良い 危険 4,000円
ロイヤルカナン 危険 危険 1,727円
ユーカヌバ 良い 危険 1,400円
アイムス(IAMS) 良い 危険 450円
ペディグリー 危険 危険 347円
ピュリナ ワン 良い 危険 562円
愛犬元気 危険 危険 383円
いぬのしあわせ 良い 危険 446円

あなたの愛犬はどんな子?タイプ別で無添加のドッグフードを選ぶようにしよう!

犬の餌は、年齢や体重、犬種によって異なります。栄養バランスや粒(ギブル)の大きさなど、それぞれに相応しい特徴があるので、覚えておくと便利です。

子犬(パピー)のドッグフード

子犬(パピー)
生後〜1歳のワンちゃんは、心も体も、すごいスピードで成長していきます。体の基本を作っていくとても大切な時期です。消化器官が未発達なため、消化吸収がよく、栄養価が高い子犬用無添加ドッグフードがおススメです。
質のいい動物性タンパク質をベースにした無添加フードなら、少量でもしっかりと体づくりができ、腸も健康にしてくれます。
【詳細】子犬(パピー)の時期の大切な栄養素!どんなドッグフードを選べばいい?

成犬のドッグフード

成犬
1歳〜7歳のワンちゃんは、子犬の時期ほどではなくても、まだ多くのカロリーや栄養素を必要としています。体が大きくなった分、食べる量は増えますので、「成犬用フード」は、そのバランスを考慮して作られています。
この時期のフードは、大変バリエーションに富んでいますので、目的に合わせて、あなたの愛犬に合った無添加ドッグフードを選びましょう。

粒(ギブル)の大きさや形、食感やにおいで選ぶ

大粒か小粒か、ウェットかセミモイスト(ソフトドライ)かドライかなど、愛犬の好みに合わて選んでください。

病気を防ぐドッグフードを選ぶ

添加物が多く含まれている餌には、アレルギーを起こすフードや、将来的にガンを発症させる可能性があるフードもあります。愛犬の健康を考えるなら、原材料にこだわった無添加のドッグフードがおススメです。

ダイエットフードなどの療法食

成犬のワンちゃんは食べ盛りですので、肥満には十分に注意しましょう。歯周病対策、関節への負担サポート、低カロリーのダイエット食など、療法食に近いドッグフードがたくさん出回っています。

【詳細】成犬用ドッグフードに切り替えるタイミングやフードを選ぶポイント

シニア犬(老犬)のドッグフード

シニア犬(老犬)
「高齢犬」と呼ばれる7歳以上のワンちゃんは、基礎代謝や免疫力が落ちてきて、身体機能だけでなく消化機能も衰えています。従って「シニア犬(老犬)用」は、低下した免疫力をサポートし高タンパク&低脂肪で、消化吸収に優れたフードです。
加齢による口臭予防や関節ケアなど、目的別の無添加ドッグフードもありますが、わざわざそういったフードを選ばなくても、通常のシニアタイプで必要な栄養素が充分まかなえます。歯やあごの力が弱くなる時期なので、ソフトドライタイプなど、柔らかめのギブル(粒)の商品が理想的。
「運動量が減ったのに食べる量が変わらない」という場合には、低カロリーのフードを、「運動量も食べる量も減った」という場合には、高カロリーで消化吸収に優れたフードを、という風に愛犬の様子によって選び方を工夫してください。
【詳細】シニア犬(高齢犬)のドッグフードはどんなのを選べばいいの?必要な栄養素は?

小型犬のドッグフード

小型犬
成犬時の標準体重が10kg以下のワンちゃんは、胃腸は小さくても、カロリー消費量が非常に高いのが特徴。従って「小型犬用」は、高カロリーで消化吸収に優れたフードです。
口やあごが小さいので、小さめの粒(ギブル)が多い傾向にあります。また、このサイズのワンちゃんは、歯周病や口臭などの口内トラブルが多いため、多くの小型犬用フードは、しっかり噛み砕くことで歯磨き効果が得られたり、歯垢がつきづらい工夫がされたりしていたります。
小型犬は、食いムラが多い傾向もありますので、食いつきやすい嗜好性の高い無添加ドッグフードが多いのも特徴です。他のサイズのドッグフードと比べて、種類が豊富ですので、色々なタイプを試してみましょう。
【詳細】小型犬用のドッグフードって、他と比べて何が違うの?

中型犬のドッグフード

中型犬
成犬時の標準体重が11〜25kg以下のワンちゃんは、運動能力が高く、活発でよく動くのが特徴です。従って「中型犬用」は、健康的な筋肉を作る、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養バランスがとれたフードです。
中型犬は、同じ犬種内であっても、体重がバラバラバラの傾向にあります。そのために、愛犬の体格に合った無添加ドッグフードを探しだすのは難しいようです。そういったことも考慮され、中型犬向けのドッグフードは、粒(ギブル)の大きさが豊富なので、ワンちゃんのサイズや口の大きさに合ったフードを探してみましょう。
【詳細】あまり見かけない中型犬用のドッグフード。どんなものがいいの?

大型犬のドッグフード

大型犬
成犬時の標準体重が25〜40kg程度のワンちゃんは、大きな体を支えるために、足の骨や関節、心臓に大きな負担がかかるのが特徴です。従って「大型犬用」のフードには、それらをサポートする栄養素が配合されています。
大型犬は、他のサイズの犬に比べて消化器官が敏感なので、消化吸収が良く、腸内環境を整えてくれるタイプが多く発売されています。
またこのサイズの犬は、餌をよく噛まずに飲み込む傾向が強いのが特徴です。そのため、愛犬が粒(キブル)をよく噛んでくれるように、大粒のフードや噛み砕き易い形状のフードが多く出回っています。
【詳細】大型犬用ドッグフードは何が違うの?おすすめはあるの?

ここでおさらい!ドッグフードのタイプについて

ドッグフードは、大きく分けると「ドライタイプ」「ウェットタイプ」「セミモイストタイプ」の3種類があります。餌に含まれる水分量が違うため、食感が異なります。それぞれに良さと悪さがあるので、見てみましょう。

ドライタイプのドッグフード

もっとも多く使用されている、一般的なフード
ドッグフードの中で一番多く見られるのがドライタイプです。値段も、他のものと比べると安く、種類も豊富。長期保存が可能なので、毎日の食事として与えるのに望ましい種類です。
栄養バランスに優れている
また、ドライタイプは、ウェットやセミモイストよりも栄養バランスが優れています。そのため、水とドライフードさえ与えておけば、ワンちゃんが充分に生きていける、といわれているほどです。
硬いので、歯や口の健康にいい
水分が10%しか入っていないためにカリカリとした食感で、愛犬がよく噛んで食べてくれます。その結果、犬のあごが鍛えられ、更に歯石を除去する効果もあります。

【詳細】ドライタイプのドッグフードについて~おすすめのドライタイプもご紹介~

ウェットタイプのドッグフード

嗜好性が高く、ソフトで食べやすい
肉や魚などの素材の味をそのまま生かしたウェットタイプは、嗜好性の高いドッグフードです。水分を75%含んでいるので、ペースト状で食べやすく、食事といっしょに水分補給もできます。そのため、脱水症状の予防ができ、病気や出産で食欲が落ちている子に最適です。
また食感がソフトなため、噛む力が落ちてきているシニア犬や病気や怪我をしたワンちゃんの食事としても重宝されます。しかし、常用食としていつも与えていると、あごの力が弱り、歯石や口臭などの原因にもなりますので注意が必要です。
小分けで売られているので衛生面が安心
ウェットタイプは、缶詰やレトルトパウチで、1食ごと小分けに売られているため、とても衛生的。しかし、日持ちがしないので、開封したら残りは冷蔵庫に保存し、数日以内に食べきらなくてはなりません。
添加物が多く含まれている
ドライやセミモイストと比べると非常に傷みやすいため、保存料などの添加物が多く使われている傾向があります。ペットの専門家が「ドッグフードの中でもウェットタイプは一番危険」と訴えるほどです。
値段が高い
ドライやセミモイストに比べると、値段がかなり高いので、毎日の食事として購入すると、経済的に大きな負担がかかってきます。従って、普段の常用食としてではなく、「たまに与える特別な餌」にしておくのが望ましいでしょう。

【詳細】ウェットタイプのドッグフードについて~おすすめのウェットタイプ・缶詰もご紹介~

セミモイストタイプのドッグフード

粒(ギブル)が四角い
水分が25〜30%のセミモイストタイプは、作り方がドライフードとほぼいっしょです。違うのは、粒(ギブル)の形。乾燥フードのように丸い形ではなく、四角い形状になっています。また、固さは、ちょうどドライとウェットの中間ぐらいです。
保存料・湿潤剤などの添加物が多く使われている
袋詰で売られているため、外見的にはドライタイプとあまり変わりませんが
セミモイストは、ウェット同様あまり日持ちがしません。従って、保存料が多く使用されています。また、しっとり感を持続させるために、「湿潤剤」も多く使われています。これは防腐剤と同じように、愛犬の健康によくない添加物です。
おやつ類も入る
セミモイストタイプには、ジャーキーやクッキー、チーズなどのおやつも含まれます。購入する際は、保存料や湿潤剤をよくチェックするようにしましょう。

3つのフードを上手に使い分ける

どのタイプにも強みと欠点があります。互いの良さを生かして、それぞれを使い分けるといいでしょう。

  • 普段はドライタイプを与え、病気や出産後のとき、また、食欲がないときにセミモイストやウェットを与える。
  • 乾燥フードの喰いつきが悪いときに、他のタイプを混ぜて与える
  • ご褒美として、特別なときにセミモイストをあげる
  • シニア犬で、噛む力が弱まり、食欲も落ちてきているときにウェットタイプで栄養補給する。
老齢の場合
ウェットタイプを毎日与えるとなると、経済的にも負担が大きく、安全面でも不安が残ります。ですので、通常はドライフードをお湯でふやかしてあげるといいでしょう。特に食べないときや、とても弱ってしまい、普通の餌が食べられなくなったとき、上手にウェットタイプを併用してください。
【関連】ドッグフードのふやかし方・砕き方

ドッグフードランキングにまつわる大嘘とホント!?その情報は正しいですか?

そのドッグフードランキングは本当か
ワンちゃんを家族としてお迎えしたときに、揃えなければならない必需品の中に必ず含まれるのが、ドッグフードです。
ですが実際にドッグフード売り場へ行ってみると、とにかく商品数が多く、飼い主初心者さんはきっと迷うことでしょう。
そんなときに頼りたくなるドッグフードの紹介サイトですが、ここは「ちょっと待って」。
そこにあるランキングの情報、嘘はないでしょうか? そのまま鵜呑みにしてしまってもいいのでしょうか?

どのランキングサイトも似たような順位?

どれも似たような順位
ドッグフードのことを調べるには、まず検索で「ドッグフード」と入れてみて、そこからもっと詳しく調べようと思うと、「ドッグブード オススメ」「ドッグフード 評価」「ドッグフード 口コミ」などといった言葉で調べることを思いつくのではないでしょうか。
確かに、これである程度の情報を絞ることは可能です。

試しに、ドッグフードランキングを行っているサイトをいくつか見てみてください。多少の違いはあれど、上位を占めているのは「カナガン」「ナチュラルドッグフード」「ファインペッツ」辺りが目立ちます。
そんなことから「何だか似たようなランキングになっているところが多いような・・・」という印象を受けるかもしれません。

もちろん「それだけ人気商品なんでしょ?」という見方も間違ってはいないのですが、ちょっとネット社会のウラ事情的なものを明かしてしまうと、そこには「アフィリエイト」という広告の世界の用語が登場します。

実は「アフィリエイト」が作用している?

アフィリエイトが関係
まず「アフィリエイト」について、少しご説明しましょう。
アフィリエイトとは、自分が運営するサイトやブログで、メーカーの商品などを宣伝し、販売を促すネットビジネスです。
インターネットをやっている人なら一度は目にしたことがあると言ってもいい、サイトやブログの広告は、実はこのアフィリエイトであることが多いです。
例えば、あるブログを見ていた閲覧者が広告の化粧品に興味を持ってクリックし、そのリンク先の販売サイトで化粧品の購入までに至れば、ブログの運営者が「1購入につき◯◯円」という報酬がもらえるという仕組みです。

この「1購入につき◯◯円」の広告単価は商品によって異なり、広告単価が高ければ、そのぶんサイトやブログの運営者が得る報酬も多くなります。
そんなことから、ランキングを行っているサイトであれば、広告単価が高めの商品を上位に持ってくることでクリックする人が増えやすくなる=報酬が増えやすいという仕組みが出来上がるのです。(もちろん、すべてのサイトがそうであるという断言はできません)

「アフィリエイト」も選ぶための判断材料にできる

ドッグフードを選ぶための判断材料
とはいえ、実は「アフィリエイト」も案外捨てたものではないのです。
実は、こういったアフィリエイトは、宣伝をしている企業側にとっては、さほど大きな利益になっていない場合もあります。
また広告がクリックされたからといって、必ずしもすべてが購入に至るわけではないことも忘れてはならない点です。
それでも広告を出し続ける、ネット広告費にたくさんのお金をかける意味・理由としては、「商品の良さがわかれば、きっとその後も飼い続けてくれる」という、何よりも自社製品に対する自信と誇りがしっかりあるからこそ、ということが言えるでしょう。

もちろん、ドッグフードは、それを食べるワンちゃんの好き嫌いや体質、年齢などによっても変わりますし、体に悪いものが入ったドッグフードを食べさせたくないのは当然です。
最終的な判断は、ワンちゃんと飼い主さん次第になるのは言うまでもありませんが、そのための“お試し”が気軽にできるにこしたことはありません。
多くのドッグフードメーカーに「初回購入限定価格」や「お試しパック」などのサービスが存在するのも、広告をきっかけに商品の良さを伝えやすくするための手段の一つとして考えられているものです。

やっぱり無添加ドッグフードがいいでしょう

無添加ドッグフード
それでは、ドッグフードランキングで上位を占める商品は、実際のところ「商品の出来」としてはどうなのでしょうか?
先述のとおり、最終的にどのドッグフードを選ぶかはワンちゃんと飼い主さん次第になりますが、それにしてもまず決める上で絶対に外せないのは「無添加の原材料」であるという安全と安心が配慮されているかどうかではないでしょうか。
中には粗悪な原材料をつかっている商品もありますから、そこはきっちり抑えておきたいところです。

調べてみると、ランキング上位になりやすい「カナガン」「ナチュラルドッグフード」「ファインペッツ」のそれぞれ、原材料の良さには気を遣っていて、無添加であることや厳選された原材料を使用しているなど、自社製品に対するこだわりの深さと自信も納得できるところがあります。

ドッグフードランキングは最終候補にするための“参考”と“確認”

ドッグフードランキングは参考程度に
いかがでしたでしょうか?
このように、ドッグフードランキングを見て参考にするのも一つの手段ではありますが、あくまでも「参考」として考え、メーカーサイトで商品の把握はするようにしましょう。
選ぶ際の候補に残すかどうかは「安全な原材料」「無添加」を基準にすることをオススメします。
こんな話をしてなんですが・・当サイトのドッグフードランキングを御覧ください!
これだけ、裏の話をしました。紹介するフードに自信があります。もちろん、無添加で安全な原材料を使用しているドッグフードです。