「アイムス(IAMS)」はどんなドッグフード?口コミ・評判まとめました。

アイムスといえばCMなどでも知られる人気のブランドです。そのアイムスのドッグフードを徹底分析しました。
まずはCMを御覧ください。


なんだか、おしゃれなCMです。長生きするために様々な工夫がなされているのでしょうか?すでに使っている方も、購入を検討している方もぜひ読み進めてみてください。

ドッグフードアイムスのコストパフォーマンス

アイムスと同じように、ホームセンター等に売られている格安のドッグフードを比較してみました。

品名 1袋(kg) 価格(円) 1kg当たり(円)
アイムス 5 2,434 約486
ユニ・チャーム愛犬元気 6 2,484 414
日清いぬのしあわせ 1.5 724 約482
ペディグリー 10 3,475 約347
ピュリナワン 4.2 2,551 約607
ロイヤルカナン 3 4,514 約1,504

※価格は定価です(消費税込み)

ドッグフードアイムス(IAMS)の原材料

今回は、「成犬用 健康維持用 チキン小粒」の原材料で見てみました。

肉類(チキン、ターキー)、トウモロコシ粉小麦動物性油脂*、乾燥ビートパルプ、大麦、ソルガム、チキンエキス、乾燥卵、フラクトオリゴ糖、亜麻仁、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(リジン、メチオニン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物) *ミックストコフェロールで保存
アイムス公式より抜粋

気になるところに下線を引いています。一つずつ見ていきましょう。

穀物が多く入っている

原材料は配合の多い順に記載されます。最初に肉類と記載されているのは、主原料が動物性タンパク質になっているのでそこは評価してもいいですが、トウモロコシ粉、小麦、大麦と穀物類が多く入っています。

ワンちゃんは本来肉食なので穀物はうまく消化できません。胃腸に負担をかけてしまううえに、アレルギーになる可能性もあります。ドッグフードに穀物が入っていても、なにもメリットはないのです。

動物性油脂

ただし書きで「ミックストコフェロールで保存」としています。ミックストコフェロールは天然保存料なのでいいとしても、動物性油脂自体が悪いものといわれています。まず何から取った油脂(脂肪)かわかりませんよね。

そもそもこの動物性油脂は一体なんなのでしょうか。それは、人間の食用に切り取られて残った部分(内臓、骨を含む)や、なんらかで死亡した動物(犬、猫を含む)をごちゃ混ぜにして高温で煮込み、浮かび上がってきた油脂のことです。つまり人間が絶対に口にしないような部分の油脂のことです。

脂肪は私たち人間を含む動物には欠かせない栄養素です。でもそれは質のいいものに限られます。質の悪い脂肪を毎日取っていると、アレルギーの原因にもなりますし、身体にいいわけがありません。そんな動物性油脂を使ったドッグフードをワンちゃんに食べさせたくないですよね。

ドッグフードアイムス(IAMS)のまとめ

アイムス(IAMS)はCMのように元気な愛犬とずっと一緒に過ごせるのか、少し疑問が残る結果になりました。

価格の安いドッグフードは、粗悪なものが多いといわれます。価格を抑えるには原材料のコストを下げるしかありません。そうなると「良いドッグフード」には到底なりません。
価格の高いドッグフードがいいものとは限りませんが、価格の安いドッグフードにいいものが作れるはずがありません。

ですが、どうしても価格の安いものに手が伸びてしまう消費者もいるのが現実です。消費者は価格だけではなく、まずワンちゃんの健康のことを考えて、もっと安心安全なドッグフードを選んでほしいと思います。そして、作る側は自分の愛犬に食べさせるというつもりで作ってほしいと心から思います。