【ドッグフード 馬肉】犬に馬肉はオススメ?馬肉を徹底解剖!

ドッグフード 馬肉

馬肉は犬にとって良い食材と耳にすることがありますが、本当なのでしょうか。ここではそんな馬肉について徹底解剖してみました。

馬肉が良い理由

馬肉は人間にとっては高タンパク、低カロリーで身体にいいものされていますが、犬にとってもそれは同じです。馬肉と牛肉、豚肉の栄養分を表にまとめてみました。

100g中の栄養価 カロリー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) カルシウム(mg) 鉄分(mg) グリコーゲン(mg)
馬肉 110 20.1 2.5 11 4.3 2,290
牛肉 300 19.0 13.3 4 1.9 670
豚肉 267 17.1 20.5 5 1.1 433

上の表を見てもわかるように、馬肉はタンパク質が多く低カロリーの食材です。鉄分、カルシウムは牛肉や豚肉の3~4倍多く含まれています。馬肉に含まれる鉄分は「ヘム鉄」と呼ばれるもので、吸収しやすいのが特徴です。

グリコーゲンはエネルギーの素になります。これは牛肉や豚肉の3~5倍もあります。よく力のある人を「馬力がある」といいますが、それはこんなところからきているのですね。

またビタミンA、Eといったビタミン類も含まれ、健康に欠かせないといわれる不飽和脂肪酸(リノール酸・α-リノレン酸・オレイン酸など)もバランスよく含まれています。中でもリノール酸・α-リノレン酸は体内で生成されないため、食品で摂らなければいけません。犬にとっても馬肉は、理想の食材といえます。

生肉が良い理由

馬肉はできるだけ生肉を与えるのが好ましいといいます。なぜなら加熱処理をすると、酵素が分解されてしまうからです。では生きた酵素を摂り入れることによって、体にどんな働きをするのでしょうか。まず酵素は2つの種類に分けられます。

消化酵素
食べ物を消化・分解する役割を担います。消化酵素はそれぞれ担当の栄養素だけを消化・分解します。代表的なものに、タンパク質を分解するプロテアーゼや、脂肪を分解するリパーゼなどがあります。

酵素の働きによって栄養が効率よく吸収され、糞として体外に出るのを防ぎます。その結果、消化不良で悪玉菌が繁殖して起こる口臭も防ぎます。

代謝酵素
体内の栄養素を使って身体作りをします。また有害な毒素や菌の増殖を抑える働きをすます。代謝酵素が不足すると免疫力や自然治癒力が低下します。

生きた酵素を体内に摂り入れるには、生肉が一番有効です。でも衛生面で心配という人も多いと思います。馬の体温は牛や豚に比べ5~6℃高いため、寄生虫がつきにくいといわれています。安全というところも、馬肉が良いといわれる理由にあげられます。

馬肉のメリット、デメリット

馬肉が良いということはわかりました。ではデメリットはないのでしょうか。メリットとデメリットをあげてみました。

メリット
前にも紹介したように馬肉は栄養価が高い食材です。アミノ酸、カルシウム、鉄分が多く含まれていて、高タンパク低カロリーである馬肉は、肥満の犬や食事がしっかり食べられなくなった老犬にも有効です。

また馬肉は低アレルギーの食材でもあります。犬はもともと肉食の動物なので動物性タンパク質は必須の栄養素です。でも牛や鶏のタンパク質でもアレルギーが出る場合があります。そんな犬でも馬肉のタンパク質はアレルギーが出にくいといわれます。

デメリット
人間の食材と同様高級なので、どうしても価格が高くなります。このような高級なドッグフードのことを、プレミアムフードなどと呼び注目されています。

生肉を与えると、安全とはいえ100%防げるわけではないので、下痢や食中毒のリスクがあります。犬用のものは、人間のものと違って食品衛生法などが適用されません。粗悪な生肉を扱う業者がいるのも事実です。購入するときは良く選ぶことも大切です。

馬肉を与えるときの注意点
最初から一気に与えると下痢や嘔吐を起こすことがあるので、少量ずつ与えるようにしましょう。また与える量は体重の1~2%といわれています。与えすぎると嘔吐や下痢といった症状が出る場合があります。

馬肉のドッグフード紹介

馬肉を使ったドッグフードにはどんなものがあるのでしょうか。

馬肉パラパラミンチ

馬肉パラパラミンチ
馬刺し専門店「利他フーズ」が作った馬肉パラパラミンチです。
ミンチ状にした生馬肉を冷凍でお届します。

熊本の大自然の中、美味しい水と穀物を食べて食肉用の肥育した、カナダ産熊本肥育の馬のみを使用しています。また、高い衛生管理水準にある熊本市食肉センターを通過しているので、安心安全です。

通常、1kg=8,000円ほどで販売している「馬刺し」の切れ端をミンチにしているので、とても高品質です。

☆生肉のススメ☆
  1. 酵素パワー
  2. 生食の最大の良さは、食材のもつ「酵素」を摂れること。酵素は消化の働きを助けてくれて、体内に必要な栄養素を運ぶ大切な役割を果たします。

  3. 「脂身」が美味しい
  4. 良質の脂肪は犬のエネルギー源です。穀物肥育の馬の脂身は犬に好まれ、食いつきが他とは違います。

  5. 消化できる
  6. 「生肉って、ちゃんと消化できるの?」と不安な飼い主さんも安心してください。人と違い犬は強力な胃酸と、生肉を上手に処理できる短い腸を持っているので、きちんと消化できます。

300g×3袋=1セット2,246円(冷凍便)
☆2セット以上のまとめ買いがお得です!

まとめ買いセット数 プレゼント数
2セット(6袋=1800g) 1袋プレゼント
3セット(9袋=2700g) 2袋プレゼント
4セット(12袋=3600g) 3袋プレゼント
5セット(15袋=4500g) 4袋プレゼント

ドライフードにトッピングしたり、手作りごはんに混ぜたりしてあげてみてください。

馬肉自然づくり

馬肉自然づくり
犬の健康のために人が食べても美味しい、新鮮馬刺しを贅沢に使用した安心安全な、健康いぬ生活の「馬肉自然づくり」です。

美味しいと大好評の馬刺し専門店が、健康・安心な馬肉ドッグフードを開発。新鮮な馬肉を中心に理想の栄養バランスを実現しました。人間用として認められる馬刺しを主な原料として、アレルギーの原因となる小麦を一切使用しない、安心して食べてもらえるドッグフードです。

カナダ生まれの馬を、日本一の肥育の技術をもつ熊本で育てています。高タンパクなのに、低脂肪・低カロリー。鉄分やカルシウム、ビタミン豊富で栄養満点の食材です。

  • 食欲がなくなってきた
  • 階段や坂道がつらそう
  • 涙やけがかわいそう

ひとつでも当てはまったら馬肉自然づくりをお試しください。

初回限定20%OFF
1袋1kg 3,000円 → 2,400円
定期便価格
1袋1kg 3,000円 → 2,400円

初回限定で20%OFFになるので、お試ししやすい価格ですね。

馬肉パーフェクト

馬肉パーフェクト
馬肉専門メーカーがこだわりぬいた食材だけを使用しています。

馬肉の魅力

  • 馬肉は抗原体が少ない低アレルギーの食材
  • タンパク質・グリコーゲン・鉄分など栄養素が豊富
  • 低脂肪・低カロリー

○アミノ酸バランスに優れています
馬肉にはタンパク質をつくるために必要なアミノ酸が、バランスよく含まれています。

○グリコーゲンと必須脂肪酸に富んでいます
身体のエネルギー源となるグリコーゲンが、牛肉・豚肉・鶏肉に比べると3倍以上も含まれています。さらに代謝過程で必要な必須脂肪酸も豊富に含まれています。

●馬肉パーフェクト-角切り
馬肉の粗引きミンチに新鮮な内臓類(ハツ、レバー、肺、脾臓、腎臓、軟骨)と髄を含んだ生骨のミンチをバランスよくミックスしました。
1袋1kg → 1,663円
5袋5kg → 7,722円(1袋当たり1,544円)
10袋10kg → 14,612円(1袋当たり1,461円)

●馬肉パーフェクトプラス-角切り
「馬肉パーフェクト」に食物繊維となる海藻粉、タンパク質分解を促す醗酵フルーツや野菜などをプラス。
1袋1kg → 1,900円
5袋5kg → 8,910円(1袋当たり1,782円)
10袋10kg → 16,632円(1袋当たり1,663円)

手ごろな価格で新鮮な馬肉を食べられます。

まとめ

馬肉の良さがわかっていただけましたか?馬肉は食肉の王様ともいえますよね。
愛犬がずっと健康でいてほしいと思うのはみんな同じです。愛犬との生活を少しでも長く続けるためにも、馬肉は最高の食材といえるでしょう。