ユニ・チャーム「愛犬元気」の価格や評価を調査した件

ドッグフード愛犬元気

生理用品でおなじみの、ユニ・チャームが販売しているドッグフードの愛犬元気。そのドッグフードとはどんなものなのかを徹底分析してみました。
購入を検討している方も、すでに使っている方もぜひ参考にしてみてください。

ドッグフード愛犬元気のコストパフォーマンス

愛犬元気と同じように、ホームセンターなどに売られている格安のドッグフードを比較してみました。

品名 1袋(kg) 価格(円) 1kg当たり(円)
ユニ・チャーム愛犬元気 6 2,484 414
アイムス 5 2,434 約486
ペディグリー 10 3,475 約347
ロイヤルカナン 3 4,514 約1,504
ピュリナワン 4.2 2,551 約607
日清いぬのしあわせ 1.5 724 約482

※価格は定価です(消費税込み)
この中でも、愛犬元気は安い方だということがわかります。消費者にとって安いのは嬉しいですが、ワンちゃんにとって安いドッグフードはどうなのでしょうか。

ドッグフード愛犬元気の原材料

今回は、「愛犬元気 小型犬用ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚・チーズ入り」の原材料を見てみます。

穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、パン粉、コーングルテンフィード、フスマ等)、肉類(チキンミール、ビーフミール、ポークミール、チキンエキス、ササミパウダー、ビーフパウダー等)、動物性油脂、豆類(大豆、脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)
愛犬元気のホームページより抜粋

気になるものに下線を引いて下記で説明します。

穀類

穀類が主原料になっているのは問題です。基本的に犬というのは肉食なので穀物は上手に消化できません。ドッグフードの主原料は、肉類の動物性タンパク質になっているものが理想です。

しかもその種類が多いので、穀物アレルギーになるリスクも高いですね。

「ミール」「等」の表記

ミールという表記に注意が必要です。ミールとは、牛や豚、鶏などのくず肉、内臓、骨などに熱を加えて脂肪を除き、圧縮させ細かく砕いた粉末のことを呼びます。内臓の中には糞尿も残ったまま使用されるので、大変危険なものなのです。

また穀類のフスマ等や肉類のビーフパウダー等の「等」という、あいまいな表記も気になります。そのほかに何が入っているのでしょうか。はっきり明記してほしいと思います。

着色料

愛犬元気のパッケージにもカラフルなフードの写真が写っていますが、緑黄色野菜が入っているということで、赤や緑の粒に見せるために着色料が使われています。

私たち人間にとって見栄えは大事ですが、果たしてワンちゃんのドッグフードに見栄えが必要でしょうか。

ドッグフード愛犬元気のまとめ

価格の安さで愛犬元気を使っているという方も多いと思います。でも考えてみてください。価格を抑えるには原材料のコストを下げるしかありません。そうなると質の悪い肉を使ったり、穀類でかさ増したり、「良いドッグフード」には到底なりません。

悪い肉を使うことで黒い肉を赤く着色しなければならないなど、添加物に頼らざるを得なくなります。そんなドッグフードを毎日ワンちゃんに食べさせたくないですよね。

ワンちゃんは食べ物を選べません。飼い主さんの手で、ワンちゃんに安心安全なドッグフードを選んであげてほしいと切に願います。

おまけ~ユニ・チャームペット動画~

愛犬元気を作っているユニ・チャームペットの動画です。愛犬家にはたまらないCMになっています☆