プレミアムドッグフードとは?評判のおすすめプレミアムフードもご紹介

プレミアムドッグフード

プレミアムドッグフードと聞いて皆さんは何を想像しますか?「質がいい」それとも「高級」ですか?どちらにしても「いいもの」だと思っている人がほとんどだと思いますが、プレミアムドッグフードには、意外な落とし穴がありました。

プレミアムドッグフードとは

そもそもプレミアムドッグフードは、どういうものをいうのでしょうか。一般的に「プレミアム」とつくと良質で高級なイメージはありますが、実は明確な定義はないのです。たとえ粗悪なドッグフードでも、それが「プレミアムドッグフード」と謳われていればプレミアムドッグフードとなってしまいます。

実際に「これをプレミアムドッグフードと呼んでいいの?」と疑問に思う商品もあります。なので、購入する側がそれを見極めなければいけません。

プレミアムドッグフードを選ぶ注意点

プレミアムドッグフードにも数多くの種類があります。よりよいプレミアムドッグフードを選ぶには、次の5つのポイントに注意しましょう。

総合栄養食
AAFCOの栄養基準を満たしているドッグフードは「総合栄養食」の表示が許されています。最低でもこの基準を満たしていないと、プレミアムドッグフードとはいえません。

食材の品質
AAFCOはあくまでも栄養基準であって、品質を保証するものではありません。人間も食べられるレベルの品質(ヒューマングレード)のものを選びましょう。

原材料の表記
基本的に原材料は、配合の多い順番に記載するというルールがあるので、動物性タンパク質である肉類が最初に表記されていることが重要なポイントです。穀物類が最初に表記されているものは、望ましくありません。

また、原材料の表記が明確であることも重要です。何かよくわからない表記があるものは、肉副産物などが入っている可能性があるので注意が必要です。

添加物
合成保存料や合成着色料、香料などの添加物は犬に危険なものも含まれていますので、注意が必要です。無添加のものを選びましょう。

価格
高価なものが安心なものとは限りませんが、「安かろう悪かろう」といわれるように安価なものにいいドッグフードはありません。前述した項目を満たしているドッグフードなら、決して安くはないはずです。価格は1kgあたり1,000円以上を目安にすることをおすすめします。

プレミアムドッグフードの種類

プレミアムドッグフードには、3つのタイプがあります。

ドライタイプ
水分含有量が10%以下のドッグフードがドライタイプと呼ばれ、プレミアムドッグフードの中で一番多いタイプです。ドライフードを選ぶメリットとして、栄養価が高く3つのタイプの中では比較的安価であることと、カリカリと噛むことで歯垢を取り除く効果とアゴが鍛えられることがあげられます。

ウェットタイプ
水分含有量が75~80%のプレミアムドッグフードがウェットタイプと呼ばれ、缶詰やレトルトパウチ、アルミトレーなどの容器で販売されています。ウェットタイプを選ぶメリットとして、嗜好性が高い、同時に水分が摂れる、長期保存が可能であることなどがあげられます。
半生タイプ
最近増えてきたのが、水分含有量が30%程度のプレミアムドッグフードで半生タイプと呼ばれるものです。半生タイプを選ぶメリットとして、嗜好性が高く歯が弱った犬(老犬)でも食べられるということですが、商品数がまだまだ少ないようです。

プレミアムドッグフードの紹介

プレミアムドッグフードと呼ばれるものをいくつか紹介します。

カナガン
カナガンは、人間が食べられるレベルの食材だけを使用して作られた総合栄養食です。アレルギーを引き起こしやすい小麦、トウモロコシなど一切使わず(グレインフリー)、良質で新鮮なチキンをふんだんに使用した高タンパクのドッグフードです。
もちろん添加物も一切使用していません。プレミアムドッグフードの中でも安全で、安心して与えられるドッグフードです。

ロイヤルカナン
14種類の犬種別にわかれているのが特長です。全てその犬種のために、栄養素やキブル(粒)の形状に至るまでそれぞれ配慮されて作られています。
また、ロイヤルカナンは食事療法食もあるのがもうひとつの特長です。さまざまな健康ニーズによってもラインナップが豊富に取り揃えられていて、動物病院でも推奨しています。

プレミアム8(エイト)
プレミアム8のコンセプトは安全・安心。抗生物質を投与していない子羊を主原料にしています。世界一基準が高いといわれるオーストラリア産です。

プレミアムドッグフードまとめ

記事をまとめた私自信も、プレミアムドッグフードについての定義がないというのは意外でした。メーカーの謳っているキャッチコピーだけでは、いいドッグフードを見極める材料にはならないということですね。

いいドッグフードを選ぶためには、原材料を自分の目で見るのが一番です。大切な愛犬のために、安全で安心できるプレミアムドッグフードを選んであげてください。