犬に飲ませてはいけない飲み物

犬に飲ませてはいけない飲み物

犬に玉ねぎを食べさせてはいけないというのは有名な話ですが、飲ませてはいけない飲みものがあるのはご存知でしょうか。「知っている」という人も、ここで一度おさらいしましょう。

犬の水分について

犬が生きていくためには、水分は欠かせません。水分摂取量が少ないと、尿結石になりやすいとか代謝が悪くなるなどの症状が出てきます。ドライフードを与えていると、食べ物では水分がほとんど摂れないので飲み物を与えなくてはいけません。いつでも新鮮なお水を飲めるようにしておく事が大事です。

犬に与えてはいけない飲み物

水分は欠かせないとはいえ、水分なら何でもいいというわけではありません。犬に玉ねぎやチョコレートを食べさせてはいけないのと同じように、飲ませてはいけないものがあります。

アルコール
人間はアルコールを摂取して酔ってしまっても、肝臓で分解され一晩寝るとアルコールは抜けますが、犬はアルコールを分解できないといわれています。犬がアルコールを摂取すると、急性アルコール中毒を引き起こす危険性があります。

酔って千鳥足の様子が「かわいい」と、面白がって動画を投稿しているのが見受けられますが、絶対にやめてほしい行為です。

急性アルコール中毒の症状
嘔吐、下痢、呼吸困難、痙攣、意識障害などが起こります。重度の場合死亡するケースもあります。

カフェイン
コーヒーや紅茶、緑茶などにはカフェインが含まれています。人間は眠気覚ましにカフェインをとったりしますが、犬がカフェインを摂取すると興奮状態になり、カフェイン中毒になる危険性があります。

カフェイン中毒の症状
嘔吐、下痢、不整脈、痙攣などを起こします。

ココア、チョコレート飲料
カカオが含まれるココアやチョコレート飲料は、チョコレートと同じで絶対NGです。カカオには、カフェインとよく似たテオブロミンという物質が含まれていて、心臓や大脳、呼吸器、筋肉に強い興奮作用があります。犬はテオブロミンの分解にとても時間がかかるので、中毒症状を起こしやすいといわれます。

チョコレート中毒の症状
下痢、嘔吐、発熱、腹痛、痙攣など。摂取量が多い場合昏睡状態に陥り、最悪の場合死に至ることもあります。

ミネラルウォーター
ミネラルウォーターにはカルシウム、マグネシウムなどのミネラルの成分が含まれています。ミネラルは犬に必要なものですが、過剰摂取すると尿路結石などになるリスクがあります。ドッグフードにもミネラルは含まれているので、水からも摂取すると過剰摂取になるのではないかといわれています。また軟水よりも硬水の方が、ミネラル成分が高いといわれています。

但し、ミネラルウォーターに関してはあくまでも日常的に与えるものではないという意味で、外出先などで喉を潤す程度に与える分には全然問題ありません。

ジュース
ジュースには、みなさんが思っている以上に糖分が含まれています。犬は喜んで飲むと思いますが、肥満のもとになるので注意しましょう。

味噌汁など
味噌汁は塩分の高い飲み物です。塩分は心臓への負担になったり、高血圧になったりと危険ですので与えないようにしましょう。ちなみにラーメンの汁も同様です。

牛乳
人間も牛乳を飲むとお腹がゆるくなるという人がいますが、犬も下痢をしてしまう子がいるようです。これは牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解する酵素が少ない犬が多いためです。牛乳は体に悪いものではないですが、飲ませるのであれば犬用のものがありますのでそちらをおすすめします。

犬に飲ませてはいけない飲み物まとめ

アルコールやカフェインなど与えてはいけないものと知っていても、「これにも入っていたの?」というものもあります。例えばコーラにカフェインが入っているってご存知ですか?飲み物や食べ物の入っている成分など、日頃から気にかけましょう。