肥満に注意!原因は?おすすめのドッグフードは?

犬の肥満対策

最近太り気味の犬が増えています。ダイエットしているのになかなか体重が減らないと悩んでいる方、ドッグフードに問題ありませんか?

ここでは、肥満の原因や肥満で心配なこと、ドッグフードの選び方などを紹介しています。「愛犬が肥満で悩んでいる」という方の参考になれば幸いです。

肥満の原因

肥満になるのには必ず原因があります。どんなことが考えられるのか、当てはまることはありませんか?

食べ過ぎによるもの
単にドッグフードの量が多いことが、肥満の一番の原因です。犬は早食いの子が多く、満腹と感じる前に食べ終わってしまいます。食べるからといってあげてしまうと食べ過ぎてしまいます。おやつの量にも注意しましょう。

また、パッケージに記載されている給与量はあくまでも参考で、個々の運動量や代謝の違いで必要な食事量も変わってきます。様子を見ながら調整しましょう。

運動不足によるもの
ライフスタイルによって、太りやすい子もいます。仕事などで留守がちにしている家の子は、日中寝ていることが多く運動不足になります。

加齢によるもの
犬も加齢により基礎代謝が低下します。ずっと同じ食事量を摂っていると、基礎代謝が低下した分カロリーが多くなり太ってしまいます。人間でいう中年太りといわれるものです。

避妊・去勢によるもの
避妊手術や去勢手術をしている犬は、発情期に使うエネルギーが不要になるため、基礎代謝低下するといわれています。手術をする前と同じ食事量を与えると、どうしても肥満になってしまう傾向にあります。

肥満で心配なことは?

肥満になることでいろいろなところに負担をかけ、病気を引き起こすといわれます。どんな病気があるのでしょうか。

関節炎や椎間板ヘルニア
体重が重くなると足や腰などに負担がかかり、関節炎や椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。特に小型犬の場合体が小さいので、1kg増えただけでも足腰への負担は大きく違います。

糖尿病
肥満になるということは食べ物を多く摂っている場合が多く、血液中の糖分が多くなります。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが糖分を分解するのですが、それが追いつかなくなり血液中の糖分が多い状態が続きます。それが糖尿病です。

合併症として多いのは白内障で、重度の場合は失明することもあります。

心臓への負担
肥満は脂肪細胞の増加です。脂肪にも栄養が必要なので、その栄養を送るために血液が流れます。脂肪が大きいほど血液も多く必要とするため、それだけ心臓に負担をかけます。また、重い体を動かすためにエネルギーも使うので、その分も負担になります。

呼吸器への負担
気管のまわりに脂肪がつくと、気道が圧迫されて呼吸がしにくくなります。

特に肥満に注意が必要な犬種

胴長短足の犬種は特に肥満には注意が必要です。ミニチュア・ダックスフンド、コーギーがその代表です。

胴長短足の犬はそれだけでも足や腰に負担をかけますが、体重が重くなるとそれ以上に負担がかかり、椎間板ヘルニアになりやすくなります。最悪の場合下半身麻痺になることもあります。

痩せさせる方法

痩せさせるには食事量を減らすか、運動量(消費カロリー)を増やすかしかありません。

ドッグフードの量を減らす
ただ量を減らしただけなら犬が満足しません。早食いしないように、早食い防止の食器などで工夫しましょう。ゆっくり食べることで満腹感も得られます。犬にも満腹中枢はあるのですよ。それからおやつは控えるようにしましょう。

運動量を増やす
運動量を増やすことで、筋肉量を増やすことができます。その結果基礎代謝量(何もしないでも消費するカロリー)が上がり太りにくい体を作ることができます。

ドッグフードを変える
いろいろな方法を使ってもなかなか痩せないという場合、ドッグフードが原因かもしれません。穀物が多く入っている場合は痩せにくいといわれます。肥満用のドッグフードも売られているので、変えてみましょう。

肥満・太りぎみのドッグフードを選ぶポイント

ドッグフードを変える場合選ぶポイントは3つです。

低カロリーであること
当たり前ですが、低カロリーのドッグフードを選びましょう。

グレインフリー(穀物不使用)であること
上記でも書いたように穀物が配合されているドッグフードは、ダイエットには不向きです。炭水化物に含まれる糖分が肥満の原因にもなるので、グレインフリーのドッグフードをおすすめします。

高タンパクであること
ただ単に、体重を減らせばいいという問題ではありません。栄養はきちんと摂らなければいけません。フードを減らしてもタンパク質はしっかり摂れるように、高タンパクのものを選びましょう。

おすすめのドッグフード

モグワン ドッグフード
モグワンドッグフード
おすすめのポイント

  • 100g当り約344kcalと低カロリーであること
  • グレインフリーであること
  • 粗タンパク質28%と高タンパク質であること

原材料の53%が新鮮なチキン&サーモンです。高タンパクでグレインフリー、そのうえ添加物は一切使用していません。モグワンのドッグフードで健康的にダイエットしましょう。

まとめ

人間もそうですが、肥満になると動きが鈍くなり運動を好まなくなります。そして、運動をしないと肥満になるという悪循環に陥ってしまいます。肥満にならないように、日頃からきちんと体重管理をする必要があります。

肥満は犬の寿命を短くしてしまうともいわれています。それでなくても短い寿命を、これ以上縮めたくはないですよね。