中国産ドッグフードが危険なわけ~アメリカで起こった中国製ドッグフードによる死亡事件から紐解く~

中国産ドッグフード

中国といえば大気汚染やパクリ騒動など何かと世間を騒がせていますが、中国産のドッグフードでたくさんの犬が犠牲になった痛ましい事件をご存知でしょうか。今回は、その事件を中心に中国産のドッグフードについてまとめました。聞きたくない話ですが、ペットを守るためにも真実を知るのは重要なことです。

中国産ペットフードメラミン混入事件

2007年3月、小麦グルテンを含むウェットフードを買った消費者から、クレームを受けたカナダのメニュー・フーズ社がドッグフードの動物実験を行ったところ、病気や死亡という結果が出たためリコール(回収)を始めたのがあの大規模なリコール事件の始まりでした。

世界大規模のリコール
メニュー・フーズ社はペットフードメーカーから委託される北米最大のペットフード製造会社であることから、世界で大規模なリコールとなり多数のブランドに被害が広がりました。
リコールの対象にはロイヤルカナン、ヒルズ、ナチュラルバランスなどの有名なブランドも含まれていたといいます。

犠牲になったペットの数
ある獣医学の機関は約500匹の腎不全にかかったペットのうち、100匹以上が死亡したと報告しました。専門家は数千匹が死亡したと予想していますが、実際の数はわからないとしています。

原因はメラミン?
中国産の小麦グルテンの中にメラミンが混入していたとして調べると、リコールされたペットフードの中にメラミンが含まれていたことが確認されました。小麦グルテンは死亡したペットの細胞や尿のサンプルにも含まれていることがわかりました。

メラミンとは・・・プラスチックを製造する際に利用される化学物質です。

なぜそんなものが小麦グルテンに入っていたのでしょうか。
小麦グルテンは小麦から抽出したグルテン(タンパク質)のことです。この原料となる小麦にメラミンを加えることによってタンパク質の基準値が高まるため、中国の業者が意図的に入れたものだといいます。つまり質のいいものに見せるためのことだったのですね。

この騒動がきっかけになって、日本では2009年に「ペットフード安全法」が施行されました。原材料や原産国の表示が義務付けられたものの、それはまだまだ緩いものになっています。

中国産のチキンジャーキー事件

アメリカでは2007年頃から、犬用のおやつであるチキンジャーキーを食べた犬が病気(腎不全)になっていたり、死亡した犬がいたりという事態が相次ぎました。FDA(米食品医薬品局)が調査をしましたが、原因が特定できないためリコールも行っていないといいます。

しかし、原因のチキンジャーキーはいずれも中国産であることがわかっています。ジャーキーはチキンジャーキーのほかにもダックジャーキー、さつまいものジャーキーなどさまざまなジャーキーにクレームがきています。

ペットを守るためには
リコールされていないということは、今も販売されているということです。
FDAは、ジャーキーは必ず与えないといけないものではないので、ペットを守るにはジャーキーを与えないことと注意を呼びかけています。消費者が気をつけるしか方法がないのです。

腎不全の症状
多くの犬が腎不全になり、次のような症状が出ています。

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢、血便
  • 多飲、頻尿

何か食べてもしこのような症状がでたら、真っ先に原材料や製造元を疑った方がいいのかもしれません。

2014年5月、FDAに発表によると、中国産の原材料を使用したドッグフードが原因で健康被害が確認されたのは、2007年から現在までに約5600匹にのぼり、そのうち1000匹以上が死亡したと見られています。

被害はペットだけではなかった

中国が関係する事件の被害はペットだけにとどまらず、人間の食をも脅かしていました。

粉ミルク汚染事件
2008年に中国で乳幼児用の粉ミルクが汚染されて、5万3000人以上の健康被害を出しています。被害者はほとんどが3才児以下で、4人の乳児が死亡したとされています。この時も問題となった汚染物質はメラミンでした。

毒入り餃子事件
これは日本で起きた事件で私もよく覚えています。千葉県と兵庫県のジェイティフーズの冷凍餃子を食べた合計10人が、食中毒症状を訴えた事件です。この冷凍餃子は、2007年から2008年にかけて中国でパッケージした状態で輸入したものだといいます。輸入元のジェイティフーズは23品目の商品を自主回収しました。

安全なドッグフードはある?

恐ろしい話ばかりしましたが、恐ろしいのは中国に限られたことではありません。粗悪といわれるドッグフードは事実としてあります。安全なドッグフードももちろんたくさんあります。ここで安全なドッグフードを一部紹介します。

カナガン
原材料は全てヒューマングレード(人間も食べられるレベルの品質)、グレインフリー(穀物不使用)、無添加にこだわって作っています。グレインフリーなので、あの小麦グルテンはもちろんのことトウモロコシ、小麦なども不使用です。安全で安心して与えられます。
主原料はチキン。嗜好性も高く小粒タイプなので小型犬にも最適です。

モグワン
粗悪といわれる材料を一切使わず、ヒューマングレード(人間も食べられるレベルの品質)だけを使用しました。主原料はチキンとサーモンを53%使用した無添加ドッグフードです。グレインフリーで小麦や小麦グルテン、トウモロコシなどの穀物は使用せず、アレルギーにも配慮しています。

ファインペッツ
主原料はアレルギー性の低い鹿肉、鶏肉、サーモン(肉類合計原材料の70%)を使用し、肉の副産物(捨てるところ)や合成添加物を一切使用していません。材料は全てヒューマングレードで小麦や小麦グルテン、トウモロコシなども使用していません。公式サイトでも中国産の材料は使っていないとはっきり明言しているので、安心して与えられます。この「安心」は重要ですね。

中国産ドッグフードまとめ

自分が与えた食べ物でペットが命を落としてしまっては、悔やんでも悔やみきれませんよね。ペットは自分で食べるものを選べないので、飼い主さんが安全で安心できるものを見極めて選ばなくてはいけません。原材料を飼い主さんの目でしっかり見て、大切な愛犬を守りましょう。