シニア犬(高齢犬)のドッグフードはどんなのを選べばいいの?必要な栄養素は?

シニアドッグフード

子犬には子犬用、成犬には成犬用、シニア犬にはシニア犬用とそれぞれに応じてドッグフードは変わります。年齢によって必要な栄養素が違ってくるからです。

ここでは、シニア犬に必要な栄養素やドッグフードの選び方をまとめてみました。シニア犬がいる方、またこれからの方もぜひ参考にしてみてください。

シニア犬は何歳から?

そもそも犬は、何歳からシニア犬といわれるのかご存知ですか?個体差がありますが、一般的に小型犬は8歳頃から大型犬は6歳を過ぎるとシニア犬といわれます。人間と違って見た目にはあまり変わらないように見えても、体内は確実に老いてきています。

犬の加齢による症状は次のようなものがあげられます。

  • 基礎代謝が低下し太りやすくなる
  • 免疫力が低下し病気になりやすい
  • 胃腸が弱くなる
  • 関節が弱くなる
  • 筋肉量が減り運動能力が低下する
  • 毛艶がわるくなり白髪が増える

シニア犬に必要な栄養素

では、シニア犬にはどんな栄養が必要なのでしょうか。

動物性タンパク質
犬は各年齢を通してタンパク質は欠かせない栄養素のひとつです。特に高齢になってくると筋肉が衰えていくので、新しく筋肉をつくるためにタンパク質を多く必要とします。

脂肪
脂肪は体をつくるために必要な栄養素ですが、消化機能力が衰えたシニア犬は脂肪を摂り過ぎると、肝機能低下につながります。良質な脂肪をバランスよく摂ることが大切です。

抗酸化栄養素
高齢になるにつれ抗酸化栄養素が必要になってきます。ビタミン、フラボノイド、カロテノイド、コエンザイムQ10などがそれにあたりますが、主に果物や野菜に多く含まれます。トッピングやおやつなどで積極的に摂り入れましょう。

ビタミン・ミネラル
老化防止にもビタミン・ミネラルは欠かせない栄養素です。

シニア犬のドッグフードの与え方

シニア犬用のドッグフードはいつから与えるといいのでしょう。また、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

シニア犬用はいつから?切り替えの仕方は?
6~8歳でシニア犬ですが、いつも通り健康であれば無理に切り替える必要はありません。上記のような症状が出てきたら変えていきましょう。

変える場合は一気に変えるのではなく、従来のドッグフードに少しずつシニア犬用を混ぜていって、徐々に増やしていくようにしましょう。

回数は?
成犬と同じように1日2回が基本ですが、高齢になるにつれ食べられる量が少なくなっていきます。そのような場合には1日の給与量を3回にわけて与えましょう。

食べやすくする
シニア犬になると、いろいろな関節に痛みが出ることがあります。首の関節が痛むと頭を下げて食べることが辛くなったりします。台を置いて高くするなどして、食べやすくなるように工夫しましょう。

また歯が弱くなったり、消化機能が低下したりするとドライフードが食べにくくなります。ぬるま湯でふやかして与えると食べやすくなります。

食欲が落ちている場合
ドライフードにトッピングしてあげると、喜んで食べてくれる場合があります。ボイルしたササミや人参、キャベツなどがおすすめです。ただし、あくまでもトッピングにしてメインはドッグフードにしてください。栄養のバランスが崩れたり、偏ったりします。

サプリメント
足りない栄養素を補うサプリメントを併用するのもいいでしょう。ただし、サプリメントを与えるときは、獣医さんの指示のもとに与えるようにしましょう。飼い主さんの判断で与えると危険な場合があります。

シニア犬用に適したドッグフードは?

シニア犬用のドッグフードを選ぶポイントは4つです。

高タンパク、低脂肪
シニア犬には高タンパク、低脂肪が基本です。ただし、粗悪な材料を使っていては意味がありません。原材料は良質で安心できるものを選びましょう。

低カロリー
シニア犬になると、基礎代謝が低下し消費カロリーも少なくなります。成犬と同じフードでは摂取カロリーが多くなり、肥満の原因となります。

関節サポート
加齢により関節の軟骨がすり減ると痛みが出てきます。グルコサミンやコンドロイチンなど、関節をサポートする成分が配合されたものを選びましょう。

無添加
合成保存料や合成着色料などの添加物には、犬の体に悪影響を及ぼす危険なものも含まれています。ドッグフードは無添加のものを選びましょう。

シニア犬におすすめのドッグフードはこれ!

ドッグフード モグワン
モグワンドッグフード
おすすめポイント

  • 高タンパク、低脂肪であること
  • 低カロリーであること
  • グルコサミン、コンドロイチン配合であること
  • 無添加であること

モグワンのドッグフードは、人間も食べられるレベルの良質な原材料だけを使っています。低脂肪のチキンと低アレルゲンのサーモンを主なタンパク源とし、粗タンパク質28%、粗脂肪12%と高タンパク低脂肪のドッグフードです。

またカロリーは344kcal/100gと低く、グルコサミンやコンドロイチンも配合されています。おまけに添加物は一切使用していません。まさにシニア犬に理想的なドッグフードといえます。

シニア犬ドッグフードについてのまとめ

愛犬が高齢になってくると、少しでも長く生きてほしいと願うのはみんな同じです。そのためには栄養を十分に摂り、ストレスなく過ごさせてあげることが一番です。
老いが来るのは防ぐことができませんが、栄養のあるドッグフードは飼い主さんが選んであげることができます。愛犬のために、少しでも安心で安全なドッグフードを選びましょう。