尿路結石はどんな病気?予防するドッグフードはあるの?

犬の尿路結石

人生の中で最も痛いのはお産か?尿路結石か?といわれるほど、尿路結石は人間でも激痛を伴うことで知られますが、犬の尿路結石はどのようなものなのでしょうか。予防策はあるのでしょうか。

今回は犬の尿路結石についてまとめてみました。参考にしてみてください。

尿路結石とは

尿の通り道である腎臓、尿管、膀胱、尿道のことを尿路といいます。この尿路に結石ができることを尿路結石といいます。結石とは、尿の中の老廃物と有機物やミネラルが結晶化して石のようになることです。

尿路結石の症状

尿路結石になった場合、どのような症状がでるのでしょうか。

  • 食欲がない
  • 尿の色が濃い
  • 尿のにおいが強い
  • 血尿が出る
  • 頻尿になる
  • 排尿の姿勢になっても尿が出ない
  • 排尿のとき「キャン」と鳴く

結石は角がとがっていて硬く、尿路を通ると内側から刺激するため痛みを伴います。また、尿路を傷つけると血尿が出たり、尿路をふさぐと尿が出にくくなったりします。

結石が大きくなった場合や尿路を完全にふさいでしまうと、尿が排出されずに体の中にとどまり、腎臓に大きなダメージを与えます。

尿路結石の原因

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、主に以下のことが関連していると考えられています。

水分摂取量が少ない、尿の我慢
水をあまり飲まない子や尿を我慢したりすると、尿の濃度が上がり結石ができやすくなります。

ミネラルバランス
リン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルバランスが悪いと結石ができやすくなります。それぞれ過剰摂取にならないように、バランスをとることが大切です。

尿路の感染症
細菌性膀胱炎などの尿路感染症が原因で、尿がアルカリ化し結石が形成されます。

遺伝
犬種によってなりやすい傾向にあるので、遺伝的な要因があるといわれています。

尿路結石の種類となりやすい犬種

尿路結石にはいくつか種類があります。また犬種によってもなりやすい尿路結石の種類があります。どんな種類があるのでしょうか。

ストルバイト結石
尿のpHがアルカリ性になることで結晶化されるのがストルバイト結石です。尿路結石の中で一番多いといわれています。

・なりやすい犬種…ミニチュア・シュナウザー、ビションフリーゼ、コッカースパニエル

シュウ酸カルシウム結石
ストルバイト結石とは逆で、尿のpHが酸性になることで結晶化されるのがシュウ酸カルシウム結石です。ストルバイト結石の次に多いといわれています。

・なりやすい犬種…ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャテリア、シーズー

尿酸塩結石
遺伝的な代謝障害が要因の一つではないかとされています。

・なりやすい犬種…ダルメシアン、ブルドック

シスチン結石
これも遺伝的な要素が強いといわれますが、ごくまれにシスチンを尿に排出してしまう腎臓が原因で起こります。

・なりやすい犬種…ダックスフンド、ブルドック、バセットハウンド

シリカ結石
比較的まれな尿路結石で、これも遺伝的な要素が強いといわれます。

・なりやすい犬種…ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー

結石ができる部位によって呼び名が変わる

結石ができる(ある)部位によってその呼び名が変わります。

結石ができる部位 呼び名
腎臓にできる結石 腎結石
腎臓と膀胱をつなぐ尿管にできる結石 尿管結石
膀胱にできる結石(一番多い) 膀胱結石
膀胱から外に排泄するまでの尿道にできる結石 尿道結石

結石の予防方法

結石を予防するにはどんな方法があるのでしょう。

水分をたくさんとる
水分をたくさんとると尿もたくさん出ます。水分を多く摂ることで濃くなっている尿を薄め、尿を多く出すことで尿道を浄化できます。常に清潔な水をいつでも飲めるようにしておきましょう。

運動をさせる
運動をすることで体内に乳酸が作られます。乳酸が作られると尿のpHが酸性に傾き、アルカリ化を防ぐといわれています。また、運動することで喉が渇き水をたくさん飲むようになります。

トイレの環境を作る
尿意を我慢させることのないように、いつでもトイレに行ける環境にしましょう。

ドッグフードを見直す
犬は毎日同じものを食べることが多いので、ドッグフードはとても大切です。バランスのとれたドッグフードを与えましょう。

ドッグフードを選ぶポイント

ドッグフードを見直す場合選ぶポイントは3つ

ミネラルバランス
カルシウム、リン、マグネシウムのバランスが大切です。
ビタミンCが豊富なもの
ビタミンCは、尿管結石の元になるシュウ酸とカルシウムの結合を防止してくれます。
高タンパク質
ドッグフードは良質な肉メインの高タンパクが理想です。

尿路疾患の療養におすすめのドッグフードはコレ!

カナガン ドッグフード
おすすめのポイント

  • 理想的なミネラルバランス
  • ビタミンCが豊富なクランベリー配合
  • 高タンパク、低炭水化物

カナガンのドッグフードは、人間も食べられるレベルの新鮮な原材料だけを使い、粗タンパク質が33%と高タンパクかつ理想的なミネラルバランスです。

また、原材料の中には抗酸化物質であるクランベリーが含まれています。クランベリーにはビタミンCに加えてキナ酸が豊富に含まれており、膀胱炎を予防します。

尿路疾患まとめ

愛犬が痛みに耐えている姿なんて、できることなら見たくないですよね。尿路結石は一度かかってしまうと、再発率が非常に高いといわれています。いったん治っても油断せずに、予防を続けることが大切です。