涙やけ・目やにの原因と治し方とオススメのドッグフード

ドッグフード涙やけ

涙やけはドッグフードで治せる!?
ワンちゃんの涙やけが悩みの種という人は、多くいらっしゃいます。中には深刻な悩みになっている飼い主さんも少なくありません。
そんな涙やけに「食」が関係しているってご存知ですか?ここでは涙やけのメカニズムとオススメのドッグフードを紹介します。

涙やけとは

常に目に涙があふれている状態を流涙症(りゅうるいしょう)といいます。これによって目の周りの被毛が赤茶色に染まってしまうことを、涙やけといいます。ポメラニアン・プードル・マルチーズ・チワワ・シーズーなど、目が大きく毛色の薄い犬種に多く見られます。
あふれた涙を放っておくと雑菌が繁殖して、悪臭の原因にもなりますので早めのケアが必要です。

涙やけの原因

涙やけにはいくつかの原因があります。

逆まつげ
まつげが内側に生え眼球の表面を刺激して涙があふれます。

アレルギーが関係
犬のアレルギーによって目が痒くなり涙があふれます。

鼻涙管が細い、または詰まった状態
鼻涙管は涙腺から鼻へと通る管のことをいい、鼻涙管が細い(詰まる)と涙が鼻へと排出されずにあふれてしまいます。

涙やけの対策

まずは乾いたガーゼなどで、涙をこまめに拭いてあげることです。濡れたままにしておくと、そこから変色してしまいます。それから涙があふれる原因を排除してあげることです。 

逆まつげの場合
眼球に当たっているまつげを抜いてあげることで改善します。でもまつげはまた生えてくるので、定期的に抜く必要があります。

アレルギーの場合
アレルギーには花粉やハウスダストなどの環境アレルギーと、麦や卵などの食物アレルギーがあります。まず何にアレルギー反応があるかを調べる必要があります。環境アレルギーの場合は、なるべくその物質を体に触れさせないことです。
食物アレルギーの場合は食べるもので改善できます。その材料を含まないドッグフードや、今では低アレルゲンのドッグフードもあります。実際にフードを変えてから改善したという話も多く聞かれます。

鼻涙管の問題の場合
生まれつき鼻涙管が細い場合は手術が必要な場合があります。また鼻涙管が詰まっているのは、ドッグフードに含まれている粗悪なタンパク質や、添加物が原因といわれています。

涙の成分は98%が水分、あとはタンパク質やリン塩酸などを含有する弱アルカリ性の液体です。ドッグフードやおやつに含まれるタンパク質が粗悪なものだと、このタンパク質の粘度が高くなり、鼻涙管が詰まるといわれています。
ドッグフードやおやつは、できるだけ安全な材料で無添加のものを与えるようにしましょう。

オススメの涙やけ予防ドッグフード

ワンちゃんが口にするものも人間と同じように、原材料には気を配りたいものです。そこで、私がオススメするのはモグワンドッグフードです。

☆モグワンを勧める理由☆
  • グレインフリー(穀物完全不使用)
  • ワンちゃんは肉食なので、穀物は完全に消化できません。そのため穀物はワンちゃんに不要といわれています。穀物アレルギーの子にも安心ですね。

  • 人間も食べられる高品質
  • 良質なチキン&サーモンで高タンパク質です。そのほか野菜、果物、海藻など、人間も食べられる高品質な材料をふんだんに使っています。

  • 100%無添加
  • 添加物は一切使用していません。

モグワンドッグフードを一度お試しください。

まとめ

涙やけには色々な原因があります。まずはその原因を追求して、それぞれのワンちゃんに合ったケアが必要です。

ワンちゃんにとっても「食」は大事なもの。でも、どれだけ有名なメーカーのものでも、どれだけいい材料のものでも、そのワンちゃんに合わなければ意味がありません。ドッグフードランキング等を参考にいろいろなフードを試してみて、ワンちゃんにぴったりのドッグフード与えましょう。