犬の白内障はどんなもの?予防することはできるの?

犬の白内障

人間の高齢者に多い白内障ですが、実は犬にも白内障があります。瞳が真っ白になっている犬を見たことありませんか?それは白内障かもしれません。そこで今回は、白内障の症状や原因などについてまとめてみました。白内障について気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

白内障とは

白内障は目の中にある、レンズの役目を果たす水晶体が白く濁ってしまう病気です。本来水晶体は無色透明ですが、白く濁るとレンズが汚れているのと同じで、ピントが合わなくなったり見えにくくなったりします。進行すると失明することもあり、大変怖い病気です。

白内障の症状

わかりやすい症状としては、黒目の部分が白濁していきます。また徐々に視力が落ちていくため、ものや壁にぶつかることが多くなります。そのほか、つまずく、動くものを目で追わない、散歩に行きたがらないなどの症状があげられます。

白内障の進行には段階があり、進行具合で症状も変化していきます。

初発
初期の段階で、日常生活にはほとんど支障がありません。目の白濁もそれほどないため、飼い主さんも気づきにくいといわれます。

未熟
黒目の大部分にモヤがかかって見えるようになります。視覚も少しずつ悪くなっていき、特に暗いところが見えにくくなります。

成熟
目の白濁が進み黒目の部分全体が白くなっていき、視覚がかなり悪くなってきます。ものや壁にぶつかるなどの症状が出てきます。

過熟
白内障が進行していくと、ブドウ膜炎や緑内障を併発することがあります。ブドウ膜炎や緑内障が進んでいくと、激しい痛みを伴います。

白内障の原因

原因としては大きくわけて先天性と後天性の2つにわけられます。

先天性
生まれながらに持っているもので、遺伝的な要因が大きく関わっています。

  • 遺伝性白内障

純血種の場合同じ品種で掛け合わされるので、犬種によってかかりやすい病気も引き継がれます。6歳以下の若年で発症する場合があります。プードル、アメリカン・コッカー・スパニエル、ビーグル、シベリアンハスキー、ミニチュア・シュナウザー、柴犬などが白内障にかかりやすいといわれています。

後天性
何かしらの原因で、白内障が引き起こされます。

  • 加齢性白内障:加齢により起こるもので、6歳以降で発症します。白内障の中で一番多いといわれています。
  • 代謝性白内障:糖尿病やホルモン疾患の合併症によって起こります。
  • 外傷性白内障:眼球を傷つけられたりすることによって起こります。
  • 中毒性白内障:ジニトロフェノールやナフタリンなどの毒物によって起こります。

白内障の治療法

白内障になると基本的には治らないといわれますが、治療法にはどんなものがあるのでしょうか。

点眼薬
白内障はなってしまうと、薬や点眼では治すことができませんが、進行を遅らせることはできます。白内障の治療でよく使われるのは、ピレノキシンという成分が配合されたカリユーニやライトクリーンなどの点眼薬です。

外科手術
根本的な治療は外科手術が必要になります。白内障の手術は白濁した水晶体を取り除き、人口レンズを入れる方法がとられます。手術自体は安全なものですが、全身麻酔のリスクを負います。手術費用は動物病院によって違いはありますが、25~30万円といわれています。

犬の場合、視覚障害があっても聴覚や嗅覚が優れているので、人間ほど日常生活に大きな影響はありません。また、手術費用が高く全身麻酔のリスクもあることから、手術より進行を遅らせることを選ぶ飼い主さんが多いようです。

白内障と似ている?核硬化症

核硬化症も白内障と似ている症状で、黒目の部分が白濁します。水晶体の中心には、水晶体核といわれるものがあります。核硬化症はその核が老化とともに青白く見え、白内障と似た症状になるのです。

白内障と違うところは、核硬化症自体では視覚障害を伴わず治療の必要もありません。動物病院では光をあてる検査で、水晶体のどの部分が白濁しているか調べるとすぐにわかります。

白内障の予防方法

先天性の白内障は遺伝により発症するので、防ぐことができません。後天性の場合は、一般的に次のようなことが白内障の予防になるといわれています。

紫外線を避ける
紫外線は白内障の要因のひとつといわれています。紫外線が強い時間帯に外出しないなど、できるだけ紫外線にさらされないように心がけましょう。

抗酸化ビタミンを積極的にとる
運動やストレスにより活性酸素が活発になると、体内で酸化が起こり老化現象を誘発します。抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂りましょう。

白内障の予防になるドッグフードはコレ!

カナガンドッグフード
ドッグフードカナガン
おすすめポイント

  • クランベリー配合であること
  • 無添加であること

カナガンドッグフードは、人間が食べられるほど新鮮で良質な材料にこだわって作られています。特に原材料に含まれているクランベリーはビタミンCが豊富で、抗酸化作用があるといわれています。毎日の食事でビタミンCをたっぷり摂り、白内障を予防しましょう。

犬の白内障まとめ

自分の愛犬の目が見えなくなってしまうのは耐えがたいことです。白内障になってしまったら治すことはできませんが、進行を遅らせることはできます。愛犬の目が少しでも長く光を感じていられるためには、早期発見がなにより大切です。愛犬のSOSを見逃さないようにしましょう。