ドッグフードでアレルギー対策?|犬のアレルギーいろいろ

犬のアレルギー

人に食物や花粉のアレルギーがあるように、ワンちゃんにもアレルギーがあります。ワンちゃんが足の指の間をなめて毛がびしょびしょ、なんてことありませんか?もしかしたらアレルギーの症状かもしれません。

知っているようで知らないアレルギーのいろいろ。ワンちゃんのためにも知っておきましょう。

ワンちゃんの食物アレルギー

アレルギーには食物によって引き起こす「食物アレルギー」と、花粉、カビ、ダニなどが引き起こす「環境アレルギー」があります。

食物アレルギーは、ある特定の食べ物に反応して症状が現れます。環境アレルギーと違って、食べるものに気を付けてあげると防ぐことができます。

どんな症状がでるの?

アレルギーの症状で初期のうちに現れるのが皮膚の疾患です。体のある一部を痒がったり(なめる)噛んだりするようになります。ワンちゃんが体をなめるのというはよくある行動ですが、特定の部分を赤くなるまで執拗になめる時は注意が必要です。

なめたり噛んだりすることで、抜け毛や湿疹につながることもあります。また目を掻く場合は結膜炎になったり、耳を掻く場合は外耳炎になったりすることもあります。よく外耳炎になるので耳が弱いのかな、と思ったらアレルギーだったという例も多くあります。

また下痢や嘔吐をする場合もあり、重篤な場合はアナフィラキシーショックを起こし命の危険があることも。ワンちゃんの行動に気を配り、早めに獣医さんに相談しましょう。

アレルギーの原因は?

体内に侵入する有害な物質を攻撃するのが免疫ですが、その免疫が本来無害なはずの食物等に過剰に反応して、自分自身に攻撃してしまうのがアレルギーです。アレルギーを起こしてしまう物質をアレルゲンと言います。

アレルゲンには牛肉、鶏肉、仔羊肉、卵、大豆、小麦、とうもろこしなどがありますが、これは一般のドッグフードによく使われている食材です。またドッグフードには様々な添加物が含まれており、これも大きな要因となっています。

何に反応しているかを特定するにはいくつか方法がありますが、費用がかかることもありますので、動物病院で相談することをお勧めします。

アレルギー対策法

アレルゲンを特定できれば、その食材を体内に入れないことが一番の対策法です。アレルゲンになりにくい豚肉、魚、じゃがいもなどの食材で作られたものや、無添加のものなど食物アレルギーに対応した低アレルゲンフードを与えるようにしましょう。

また同じドッグフードを毎日食べ続けると、その食材にアレルギー反応が出ることもあります。食材の違うドッグフードを時々変えてあげるのも有効な方法です。ワンちゃんとっても、飽きがこなくて嬉しいかもしれませんね。

まとめ

ワンちゃんは基本、与えられたものだけを食べているので、飼い主が与える食べ物よって食物アレルギーは防げます。

アレルギーは蓄積されたものが器から溢れると症状が出ると言われています。その器の大きさはワンちゃんによってそれぞれ違うので、少量だから安心というわけではありません。その子に合ったものを与えるようにしましょう。

ワンちゃんとの暮らしを快適に続けるためにも、毎日食べるドッグフードを選ぶことはとても大切なことです。